【コーチング】やりたくないことはやらない、とやりたいことをやる、は違う

ちょっと前まで、やりたいこと起業、みたいな話をよく聞きました。

僕のスタンスとしては、

やりたいこと起業、というのは難しいと思っています。

 

コーチングをやる人が、やりたいこと起業を否定するのは珍しい、

と言われるのですが、

いらないものはいらないんですよね。

それって当たり前なわけで。

 

どんなに

「世界で一番、波平の髪型そっくりにカットすることができます」

って言ったって、ニーズがなければ商売としては成立しないのですよ。

当たり前ですよね。

 

それなのに、やりたいこと起業を推奨する人というのは、

「あなたのその波平カット、絶対世の中にニーズがあります」

って、ちゃんとリサーチをする前に言っちゃうんですよね。

で、

その波平カットリソースを持っている人としては、

それでご飯が食べられたら幸せだなーと思っているので、

それをすすめるコンサルの人に、結構簡単にお金を払っちゃったりします。

 

僕は、

本当によくこの図式を見てきました。

そして、

その人たちがまったく商売にならずに消えていくのを見てきました。

 

じゃあ、

それを勧めちゃうコンサルだけが悪いのかっていうと、

そうじゃないんですよね。

 

僕はクライアントさんには、

「起業を、あなたがやりたくないことをやらなくて済むものと思ったら大間違いです」

って、僕はよく言います。

 

人って、根本的には誰かの役に立ちたい生き物だと思うんですよ。

だから、そのリソースが役に立たない、または役に立たないかもしれない、

そのリサーチすらしていない、

そういう状態だったら、

本来起業しようという気持ちにはならないと思うんですよね。

だって、自分だって困るし。

 

なのに、

その状態で起業に振り切っちゃう人っていうのは、

その多くが、

つまり、

会社員をやりたくない人なんですよね。

 

あなたが、

どんなにそれをやりたくないから自分のやりたいことで独立させてくれ、

と言ったって、

世の中にニーズがなかったら、

お金を払ってくれる人がいないのだから、

その起業は成功しない。

 

当たり前のことなのだけど、

よく見落としがちです。

 

やりたいからやるのか、

やりたくないから代わりのことをしようとしているのか。

そこはよく見極めてほしいなーって思います。

Tagged on:
Top