【マーケティング】無料でも満足してもらう

戦略的にお客さんを次のステップに連れて行きたいと思う時に、

その時点でお客さんを、

「満足させるべきか否か」

という話をよくします。

 

僕は完全に、

「絶対満足させるべき派」です。

 

よく、出し惜しみする人が言うんですよね。

「満足させてしまったら、そこで終わりになってしまう」

って。

 

これ、全然逆です。

 

満足してもらえていない、

ということは、

裏を返せば不満を残している、ということです。

 

あなたが、誰かのサービスを受けた時、

不満を残していたら、

その人の次のサービスを受けたいと思うでしょうか?

思わないはずです。

 

満足させない、ということと、

期待感を与えるということは意味が違います。

 

期待感を与えるためには、

全力で満足させることです。

たとえ、それが無料のサービスであったとしても。

Top