【マーケティング】音楽理論とマーケティング理論に共通すること

僕はもともと音楽家でしたが、

ある時からマーケティングを仕事にするようになりました。

 

最近ふと思ったのですが、

音楽理論とマーケティング理論には、面白い共通性があります。

 

それは、

「後付けで理論づけられていること」

です。

 

僕はバンドマンの端くれだったのですが、

わりと音楽理論は好きな方でした。

だけど、

バンドマンは音楽理論を軽視する人がとても多いです。

「そんなもん俺たちの音とは関係ない!」

「そんなもん勉強してる暇があったらかっこいい音楽を作りたい!」

彼ら矛盾してるんですよね。

 

なぜなら、

太古の昔、自然に発生した心地よい音。

それがいろんな形で洗練されてきて、

人間とはこういう音を心地よく感じるのだ、

という経験から導き出されたのが音楽理論なのです。

 

だから、どんなバンドマンが出している音だって、

それが音楽である限り理論とは切っても切り離せないし、

かっこいい音楽を作るなら理論を学ぶことはその近道なんです。

まあ、

めんどくさいからそうやって言い訳するんですけどね。

 

 

それで、

マーケティング理論も同じだって気づいたんですよ。

マーケティング理論だって、

そもそもは「なんでこれが売れるんだろう?」の研究から始まっているはずなんですよね。

だとしたら、

結果に対して名前をつけてるだけなんですよね。

音楽理論も同じ。

 

だから、

マーケティングっていう言葉に、苦手意識をもたないでほしいなーって思います。

Top