【マーケティング】世界初の携帯電話インターネットサービス誕生の裏話

iモード、を知ってますか?

 

そうですね、NTTドコモのサービスで、

携帯電話でインターネットができる課金制のサービスでした。

 

今は携帯でインターネットなんて当たり前になってしまったので、

あまり意識をすることはないと思うのですが、

iモードが生まれたのは1999年でした。

実は世界初の携帯でできるインターネットサービスだったのですが、

それを知っている人はあまりいません。

 

当時は、インターネットも今ほどは普及していませんでした。

インターネットってなんだか怖い、

インターネットって怪しい、

そんなふうに思っている人もたくさんいる時代でした。

(今でもたくさんいますけどね)

 

そんな時代に、「携帯でインターネット」ですから、

普及させるのは相当大変だったはずなのですが、

実はiモードはあるアイディアで爆発的に広がったのです。

 

そのアイディア、あなたはなんだと思いますか?

 

 

実は、ネーミングだったのです。

 

「インターネット」はすごく怪しい、怖い、危ない、そういうふうに思っている人に、

携帯電話でどうやってインターネットを、お金を払って楽しんでもらうか、

という課題に直面した時に、

導き出された答えは、なんと、

 

「インターネット」という言葉を使わない。

 

だったのです。

 

だから、iモード、という名前になったんですね。

この名前がなかったら、世界初の携帯電話インターネットサービスは、

こんなふうに普及しなかったと言われています。

Top