【マーケティング】調理師免許を取ったら飲食店を成功させられるのか

僕はよく、

「コーチングの資格をとったからって、コーチングが売れるわけではない」

という話をします。

 

ところが、よく言われるんですよ。

「コーチングの資格と取ったんだからコーチングを売っていくべきなんじゃないですか?」

って。

 

気持ちはわかります。

僕もそういうふうに思っていた時期がありました。

 

自分はコーチングに人生を変えてもらった。

そして今その資格を自分がゲットした。

だから、今度はこのコーチングで、誰かの人生を変えてあげたい。

すごくよくわかります。

 

それでもやっぱり、

いきなりコーチングを売るのは違うと思うのです。

 

その理由を説明してみようと思います。

まず、そもそもお客さんは「コーチング」を買いたいわけではありません。

お客さんが欲しいのはあくまでも「結果」です。

 

それが得られるなら、

コーチングだろうかコンサルだろうが、セラピーだろうがカウンセリングだろうが、

なんだっていいわけです。

本当にその結果が得られるのなら、ツボだっていいわけです。

 

詐欺をしていいって話じゃないですからね。

むしろその逆なんです。

 

いやいや、詐欺をしちゃいけないなんて当たり前のこというなよ、

と言われそうですが、

でも本当にそういうことなんです。

 

つまり、

この段階では、

コーチングで人生を変えてもらった経験はあっても、

コーチングで人生を変えた経験はないんですよね。

 

そりゃそうです。

コーチングの資格を取ったばかりなので。

 

でも、実績がないのにどうやって売るんでしょうか?

コーチングを売るということは、

コーチングの専門家であるということです。

 

コーチングの資格をとったら、

コーチングの専門家なのでしょうか?

それが違うのは子供でもわかりますよね。

 

資格取っても売っちゃダメ。

経験がないから売っちゃダメ。

それじゃいつまでたっても売れないじゃん!

 

って怒られてしまいそうですが、

そうじゃないんですよ。

 

もうすでに実績があって販売できるものがあるはずなんです。

それは経験や過去の中にあります。

 

実績と呼ぶ気にはなれないような過去の経験の中に、

人に喜んでもらえる可能性がたくさんあるわけです。

もしかしたら、もうすでに誰かを喜ばせてきたかもしれません。

 

それを商品にして販売すればいいのです。

 

でもどうやって?

 

そこでコーチングなんですよね。

 

コーチングはそもそも商品ではなくコミュニケーションスキルです。

 

だから、そのできることを、

求める人に対して提供するときに、

コーチングのスキルを駆使してあげたらいいんです。

 

それができたら、

◯◯コーチ、ですよね。

 

もともと経験や実績にあることの延長線上で、

コーチングのエッセンスを振りかけてあげること。

 

これは成功の鉄板パターンです。

 

コーチングだけじゃなく、コンサルもカウンセリングもセラピーも、

みんな一緒ですよ。

 

 

コーチングの資格をとったばかりの人はコーチングで勝負しようとしてはいけない

Top