【コーチング】人によって見え方が違う

ある事柄があった時に、

それをその事柄通りに見ることは、

人間にはできません。

 

なぜなら、

人間には絶対的な主観があって、

それ以外の感覚で事柄を確認することができないからです。

 

どんなに客観視できているつもりであっても、

それは絶対的な主観を通して見ている客観視です。

 

自分の目以外で物を見ることはできない、

といえばわかりやすいでしょうか。

 

あらゆる事柄が、

あなたの感覚質を通して、

あなたに触れているのです。

 

だから、

例えばxという事柄があった時に、

あなたにはaに見えるかもしれないけど、

ある人にはbに見えているかもしれないのです。

 

そして、その二つはどちらも正しいのです。

 

あることが正しいと、

あることが間違っているということは、

実はないのです。

 

あなたが正しいのは大前提として、

「はたして自分だけが本当に正しいのだろうか」

という質問を自分に問いかけることは、

実はとても大切なことなのです。

Tagged on:
Top