【マーケティング】役割が違う

このところ、ブログの活用をメインにしたマーケティング手法をレクチャーする機会が増えています。

ブログというのは様々な点で本当に優れていて、

ある意味webマーケティングの万能選手です。

 

wordpressを使って、サーバーを立てて独自ドメインで自分のブログ発信をしていくのももちろんいいのですが、

手始めはアメブロなどでいいのでは、と思っています。

アメブロは本当に優れたツールです。

 

さて、今日のテーマは、

「ブログとプロフィールはどのように使い分けるべきなのか?」

です。

 

つまり、ブログとプロフィールにはそれぞれどんな役割があり、

どのようなことを書いていくのが適切か、

ということです。

 

これがきちっとわかって適切な使い方、記載ができていると、

お客さんからの反応が如実に変わるので、ぜひ考えてみてほしいです。

 

僕の意見としては、

「ブログは主義主張を書くところ。プロフィールは事実を書くところ」

です。

 

僕自身がこれを理解した上で情報発信を始めてから、

数字の出方が全く違っている、という背景があります。

 

なぜそうなるのかというと、理由は三つあります。

1.ブログの方が目に止まる可能性が高いから、人の感性に響くような主義主張が適している

2.ブログの内容が心に響いた人は、それを書いた人がどのような人か気になるためプロフィールを見に行く

3.その場合、事実だけを知りたいので、事実のみを体言止めで書くのが適している

 

ブログとプロフィール、多くの場合どちらが先にご新規さんの目につくのかというと、

間違いなくブログの方が確率が高いです。

なぜならプロフィールは1ページですが、ブログは記事の数だけページがありますから。

ですから見込み顧客であるターゲットへの「共感」が求められます。

共感をベースにした主義主張を展開します。

さて、

めでたく共感が得られた時に、

からなずと言っていいほど読者が起こす行動があります。

「プロフィールを見に行く」です。

「こんな素敵な文章を書いたのはどんな人なんだろう」と気になっているのです。

脳科学的に言えば、

主義主張に共感した時には右脳が活性化しています。

「なんていい人なんだろう」「なんて心地いいんだろう」

そんなふうに思っています。

そのままでは危険ですから、左脳がバランスを取りに行くのです。

「いやいや、これを書いているのがどんな人なのかを突き止めなければ。

そしてプロフィールを見に行くのです

プロフィールでは主義主張ではなく、経歴や実績等の事実が求められます。

読者はまさにそれを知りたいからです。

人の心を揺さぶる文章は必要ありません。

淡々と事実を書くのです。

そうすることで、右脳と左脳のバランスがとれて、

より信頼感が増すのです。

 

なので、結論としては、

「主義主張はブログに、事実をプロフィールに」となります。

 

それをしっかりと実践できていると、

読者さんは脳のバランスが取れて心地よくなりますので、

反応の出方が如実に変わってきます。

 

ブログは日々書かれていると思いますので、

まずはプロフィールを見直してみてください。

プロフィールは、

事実のみ、体言止め、明瞭簡潔を心がけましょう。

 

よかったらこちらも合わせてご一読ください。

今だけ無料です。

 

 

Top