【コーチング】誰にとって特別なのか

「私は何も特別なことができないから」

 

今まであってきたたくさんの人に言われた言葉です。

 

いいんですよ。

特別なことなんてできなくても。

 

でも、気持ちはわかります。

特別じゃなかったら、

何を売れば良いのか、わからないんですよね。

 

だから、こう考えてください。

 

まず「誰にとって特別であることが大切なのか」

そして「どのくらい特別であることが大切なのか」

 

あなたがよく買いに行くパン屋さんは

「どのくらい特別なパン屋さんですか?」

「あなたはなぜパン屋さんにパンを買いに行くんですか?」

 

ずば抜けて特別である必要なんてないし、

特に「自分にとって特別である必要」なんてないんです。

 

今すでにできることが、

誰にとって特別なのか。

 

そういう視点に立ってみましょう。

 

特別じゃない人なんて、いないんですよ。

Tagged on:
Top