【コーチング】良いと悪いはいつどこできまるのか

人はとかく良いとか悪いとかを決めたがるものです。

 

それは、自分自身を安心させるためなのではないでしょうか。

 

「わたしは大丈夫。正しい」

「あの人はまちがっている。悪い」

 

そうやって、自分を落ちつけたりするものです。

 

これはしょうがないんですよね。

もともと人間は社会を形成していく中で、

周りとの協力が前提になっているので。

 

ただし、

「大衆は常に過つ」という言葉もあります。

 

ではこの良い悪いとはどう付き合えば良いのでしょうか?

 

僕は、

「そもそもこれは良いとか悪いとかの問題なのだろうか?」

という問いを自分にかけることがあります。

 

たいていのことは、

「みんながこれを正しいと思っている」

という「自分自身の思い込み」の中での正しさのはずです。

 

つまり究極を言えば、自分が決めているのです。

 

自分とどんな約束をしているのか。

これも大事ですね。

Tagged on:
Top