【コーチング】気力の問題か

ある人と話をしていた。

 

その人は日々僕と同じ作業をすることになっている。

 

「どう?あの作業、毎日できてる?」

「いやー、たまに忙しくてできない日がありますね」

 

そうなんだ。忙しいんだ。

でも、日々のタスクの多さで言ったら、

その人と僕とだったら、

おそらく僕の方がタスクは多い。

彼は何をもって忙しいという言葉を使ったのか。

 

別に僕が責めたり追求するような性質のはなしではないので、

「そっかー、まー忙しいときもあるよねー」

くらいの話にとどめたが、

もし僕が彼に、

「ん?僕の方が忙しくない?」

といったら

「まー、うん、確かにそうですね」

という返事が返ってきたと思う。

 

きっとそのときはこんな会話が待っている。

 

「そうでしょ?僕の方が忙しいでしょ?でもなんでやらなかったの?」

「いやー、疲れちゃうときもあって。気力がないときとかはできなくなっちゃいますね」

 

そう、おそらくこんな会話だ。

 

気力の問題。

 

それって本当に気力の問題なのだろうか。

 

明らかに疲れ切っていても、やることはやる人がいたとする。

彼は気力がなかったらやらないのだろうか?

そうではないと思う。

やるときめたことはやる、それだけのはずだ。

 

気力は、自分で測定するのは難しいだろう。

気力がなかったのではないのだ。

 

「気力がなかった」と言ってしまえば楽なのだ。

 

まあ、でもそう言わせてしまうのも、気力の問題?(笑)

Tagged on:
Top