【コーチング】全ての出来事に意味はない

全ての出来事に意味はありません。

 

なぜなら、

一つの出来事は人によって意味が変わってくるからです。

 

つまり、出来事そのものがもっている意味はありません。

 

出来事は意味を所有していない、と言う意味です。

 

じゃあそこには何があるのかというと、

「解釈」です。

言い方を変えれば「捉え方」

です。

 

そして、人間は「解釈」を変えることができる生き物です。

 

「本来一生涯かけてこう在り続けたい自分」だったらば、

この出来事をどう解釈するか。

それを自分の心に常に問いかけ続けることです。

 

解釈が変われば思考が変わり、

思考が変われば言動が変わり、

言動が変われば行動が変わり、

行動が変われば習慣が変わります。

 

習慣とは無意識です。

 

人間の脳が意識して同時にコントロールできるのは40箇所までと言われていますが、

脳が無意識に同時にコントロールできるのは1100万箇所と言われています。

つまりほとんどは無意識なのです。

 

人生のほとんどが無意識ならば、

その無意識を「自分の在りたい在り方」に最適化することが、

自分の在りたい在り方を実現する最短ルートです。

 

そのためには、

まず出来事への解釈を意識して変えることです。

Tagged on:
Top