【コーチング】大失敗した時のはなし

今日とんでもない大失敗をしてしまった。

 

アポをお願いしていた方を六本木ヒルズ49階で待っていたのだが、

なんと場所を伝えるのを忘れてしまっていた。

 

大失敗。

 

とにかく謝りまくる。

メールしかわからないので、メールで。謝る。

謝るしかできない。

 

ものすごく情けない気持ちになった。

 

情けない気持ちになって、

何人かにメールとかLINEとか。

大失敗して凹んでます。と。

 

みんないい人だから話を聞いてくれる。

 

「あー、そりゃやっちゃったねー」

とか

「相手も場所聞いてこなかったの?」

とか

「失敗やミスは誰にでもあるよ」

とか。

 

こういう時、

コーチとしてやはり気づかなければいけないのは、

「出来事そのものには意味はない」

ということ。

 

解釈は自由。

 

僕はいま

「大変申し訳ないことをしてしまった」

と解釈している。

 

そしてそれを、

「なんて俺はバカなんだ」

と思うこともできれば

「やってしまったことはもう仕方ない。謝るだけ謝って誠意を伝えよう。どうしたらまた信頼してもらえるか、それを考えよう。そしてどうしたら二度と同じミスをしないかを考えよう」

と思うこともできる。

これも解釈の自由。

 

自分を責め続けることこそが正義、というふうにいう人もいるのだけど、

それは自分の責任を追及しているのではなくて、

自分を貶めて自分がコントロールできる範囲を自ら狭めているんだから、

どちらかというとサボタージュ。

 

大切なのは誠意と学習。

 

それにしても、

申し訳ないことをしてしまった。

Tagged on:
Top