【コーチング】夢に正直に生きる

夢とは、

「一生涯かけてこう在り続けたいという理想の自分の姿」であり

「一生涯かけて叶え続ける成長の指針」

 

そしてそれを満たしていくことが目的になる。

その目的を満たすために設定されるのが目標で、

その目標に向かうことは手段。

 

夢は大きく描けばいいし、

描いて一歩歩き始めた瞬間から、その夢は叶い始めている。

一生叶え続けることができる。

 

 

それが夢に正直に生きるということ。

 

夢に向かって突き進んでいると、

なぜかそれを邪魔する人がいる。

 

「無理だよ」

「できないよ」

「やらないほうがいいよ」

 

言わせておけばいい。

 

それから、

彼らを見返してやろうなんて思わないこと。

 

あなたの行動の一つ一つが成功するとき、彼らは言う。

「あっそう」

 

そう、興味がない。

興味がないのに邪魔をするのが彼ら。

だから、気にしないのが一番。

 

自分の人生を自分でコントロールすること。

Tagged on:
Top