【コーチング】視点の数の大切さ

僕は、

「コーチングってなんですか?」

ってきかれたら、

「視点を増やすことです」

と答えることがあります。

 

人間はそうそうたくさんの視点を持つことはできません。

同時に二つのことを考えたりとか、

そうそう器用なことはできません。

 

そこで、本人が自分に対してしないような質問をコーチがすることによって、

視点を増やしていくのです。

 

昨日、やっぱり視点の数は重要だな、と思った出来事がありました。

僕はクライアントさんに常に、

「ベネフィットを大切に」

と言っています。

 

つまり、自身の活動コンセプトや商品名などを考えるときに、

顧客が得られるベネフィットを絶対に含めるように、

ということです。

 

ところが、どうでしょう。

 

今僕は新商品を開発中で、

その商品タイトルについてマーケティングのコーチとメールでやりとりをしていたのですが、

「中野さん、ベネフィットがすっぽり抜けてますね」

と言われてしまいました。

 

恥ずかしながら、自分で全く気づいていなかったのです。

 

顧客のため、こんなことができる、あんなことができる、

と一生懸命考えているうちに、基本がすっぽ抜けてしまったんですね。

 

コーチってすごく大事だなって思った瞬間でした。

 

 

Tagged on:
Top