【コーチング】思い込み

人間は思い込みの中でしか生きられない。

どんなに客観視を心がけたところで、

それは主観の中での擬似的な客観視で、

究極的な話、客観視はできない。

 

そして、フィルターがない人はいない。

全ての人の感覚は、その人の感覚フィルターを通ってきている。

僕とあなたが同じ青を同じ青に見えることを証明できないように、

すべての感覚質はオリジナルのフィルターを通っている。

 

だから、全ての人間は「その本人だけの思い込み」の中で生きている。

それは良いことでも悪いことでもなくて、

事実。

 

自分も常に何かを思い込んでいるんだという前提で居られると、

自分が何をどう考えても正しい、という状況でも、

「本当に自分だけが正しいのだろうか」

という質の高い質問を自分に対して投げかけることができる。

 

「本当に自分だけが正しいのだろうか」と自分に問いかけることができれば、

人間関係は大抵うまくいく。

そして生きている上でのほとんどの悩みは「人間関係」だから、

この質問はとても質が高い。

Tagged on:
Top