【脱・集客!コーチング】プロフィールを書くときはここを意識する

戦略とプロフィールの関係についてお話しします。

あなたは、プロフィールを書くとき、
どんなことを意識されましたか?

「意識って、そりゃ自分のことを知ってもらえるように、だよ」
と思うでしょうか?
これは半分正解で半分間違いなのです。
なぜ半分間違いなのか。
そもそも、プロフィールというのは誰のために書かれているものでしょうか?

当たり前ですが、読者さんのためですよね。
読者さんはあなたのことを知りたいと思って、
プロフィールを見に来ています。
「だから、自分のことを知ってもらうため、じゃないか!」
という声が聞こえそうですが、
お付き合いください。
大前提として、
あなたがブログからビジネスにつなげたいと思っていると、
そう仮定して書いています。
ですので、もしそうじゃなかったら、
あまり当てはまらない話かもしれません。
読者さんはあなたのブログを読んで、
あなたに興味を持ち、
あなたのプロフィールを見に来ました。
そのとき、読者さんは
あなたの何に興味を持っているのでしょうか?
人柄ですか?
過去ですか?
実績ですか?
ここにはいろんな要素がありますが、
端的に言えば、
「わたしとあなたはどんな関係性になれるのか」
です。
(だからっていきなりメニューとか書くのはNGですよ)
あなたがビジネスでブログを書き、
プロフィールを書くのであれば、
それを忘れないでくださいね。
もうちょっと分かりやすく言うと、

「こんな私の悩みにフィットするブログを書いてくれるあなたは、
わたしの悩みを解決してくれそうか。
今後もあなたのブログを読みに来た方がいいか」
を確認しに来ているのです。
まさか読者さんはそこまで意識してきているわけではないですが、
無意識にはそう思っています。
つまりその時点で読者さんが知りたいのは、
「わたしとあなたの関係性の可能性」であって、
まだ「あなたの商品」ではないので、
メニューを書くのはNGです。

だから、事実ベースで書く必要があるのですね。

つまり、
ビジネス用のプロフィールを書くということは、
必然的に、あなたのビジネスの対象者を
イメージする必要が出てきます。

 

ビジネス用のプロフィールの作り方の具体的な方法は、

「一番やさしいwebマーケティング講座」の中で、

無料でお伝えしています。

購読はこちらから。

Top