【脱・集客!コーチング】結局プロフィール考えるとどうなるのか

結論から言うと、
プロフィールに書かれているべきことは、
「あなたは対象者にとって何者なのか」
ということです。
時々、非常に独りよがりなプロフィールを見ることがあります。
異常に長かったり、
妙に感情的で押し付けがましかったり、
知りたいことが全く書かれていなかったり。

時々、というかそういうプロフィールの方多いです。
きっと思いつきと想いで盛り上がってぐわーって書いているんだと思います。

想いがあるのは悪いことではないですが、
プロフィールでやるべきことではない、ということですね。
プロフィールで損をします。

あなたはプロフィールで損をしていませんか?
先ほど結論を書きましたが、
プロフィールは、
「あなたが対象者にとって何者なのか」
を書くところです。

あなたは何の専門家なのか?
そしてその根拠は?
なぜプロフィールプロフィールと言い続けてきたのかというと、
ビジネスプロフィールを考えるとき、
嫌でも「対象者」を意識する必要が出てきます。
マーケティング的に言えば「ターゲット」ですね。
あなたが戦略的な思考を持つための、
最初の入り口、それは「ターゲットを意識すること」です。

そして、ターゲットを通してあなたを見ることです。
ターゲットにとって何者でしょうか?
対象者を意識することができてきたら、
あなたのビジネスのコンセプトをまとめてみてください。
コンセプトという言葉を理解していますか?
コンセプトとは、
あなたが
どんな人(悩み)のために、
どんなことで貢献ができて、
相手にどんな変化をもたらせる、
何者なのか、
をまとめたものです。
僕だったら、

「脱・集客!カウンセラー・セラピスト・コーチのための一番やさしいwebマーケティングコーチ」
です。
戦略って、
あなたのビジネスをゴールまで導くための道筋をあらかじめ決めること、
ですが、
コンセプトがなくて戦略ができるわけがないですよね?

だってそれが、
どんな人(ターゲット)に何をして、
どんなふうにしてあげられる(ゴール)のか。
それがなかったら、ゴールがないですもんね。
世の中には、コンセプトを持たない、
コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、ヒーラーさんが大勢います。

その人たちは、
お客さんが全然集まらないか、
今集まっているお客さんがなぜ集まっているのかの理由が説明できません。
お客さんが集まる理由を自分の中でまとめられていないんですね。
それではいつまでたっても不安だし、
ずーーーーっと集客で悩み続けなければいけなくなってしまいます。
逆に言えば、
コンセプトを確立し、戦略を作ることが、
集客に悩まずに、
本当にしたい、人の役にたつ活動の集中するための、
一番の近道なのです。

 

具体的な近道は、

「一番やさしいwebマーケティング講座」の中で、

無料でお伝えしています。

購読はこちらから。

Top