【脱・集客!コーチング】絞って絞って

あなたのコンセプトはなんですか?

というか、コンセプトってそもそもどういう意味の言葉でしょうか?
辞書で調べると「概念」とでてきます。

これもよくわからない言葉ですね。
ビジネスにおけるコンセプトとはいったい何かというと、
あなたが、
「どんな人(悩み)のために」
「どんなことで貢献できて」
「相手にどんな変化をもたらすことができる」
「何者なのか」
です。
そういう視点で自分のビジネスのコンセプトを、
じっくりと考えてみたことがありますか?
考えたことがあってもなくても、
改めてもう一度考えてみましょう。
そのビジネスで、
どんな人の役に立つことができますか?

もっと言うと、
「どんなことで悩んでいる人の役に立つことができますか?」
それを明確にしましょう。
モヤモヤしている人、とか、
人生をよくしたい人、とか、
そういうのはダメです。

明確にしましょう。
今の時代は情報が氾濫しています。
インターネットで調べたら、
いろんなビジネスをしている人の情報にぶち当たります。

だから、
ターゲットの人があなたの発信している情報を見た時に、
「あ!この人わたしのために書いてくれてる!」
って思ってもらわないと、
あなたの発信する情報は読んでもらえなくなってしまうのです。
モヤモヤしてる人。
生きてれば、結構みんなモヤモヤしてます。
「モヤモヤしているあなたのために」
って言われたって、読む気しないですよね。
だけど例えば、
「3年以上便秘に悩んでいる30代女性のあなたのために」
って言われたら、
本当にそれに当てはまる人は絶対読みます。
ターゲットを明確にする理由、
なんとなくわかってもらえましたでしょうか?
ターゲットを意識することが、
戦略的思考の始まり、と昨日お伝えしましたが、
つまり、
ターゲットが定まらないと、
使うメディアも、
使う言葉も、
目指す市場も、
わからないわけです。
逆に言えば、
ターゲットが定まれば、
どんな市場に向けて、
どんなメディアを使って、
どんなメッセージを伝えていく必要があるのか、
それが、自ずと定まってきます。

それにそって、
しっかりと情報発信をしていけば、
集客を意識しなくても、
向こうから勝手に集まってきてくれるようになります。
必ずそうなると約束します。
ターゲットを絞り込むことを恐れないでください。
今、どんなビジネスも、
マス(大きな市場)とニッチ(小さな市場)に分かれています。
あなたのビジネスはマスを相手にできるでしょうか?
多分難しいと思います。

TVCMを打って、スペックと価格で競争する。
そんなふうにはなれないですよね。
だけど、
実際コーチ同士が価格で比べられてる、
ということも事実起きています。
「同じコーチングだったら安いほうが」って思われているわけですね。
そしたらもう価格競争するか、
無理やりな付加価値をつけるしかなくなってしまいます。
そうならないためにも、
まずはターゲットをしっかりと意識して絞り込んでください。
狭く深く。

そうすれば、価格は好きなようにつけることができるようになるし、
集客のことで悩む必要がなくなってきますよ。

 

具体的な方法は、

「一番やさしいwebマーケティング講座」の中で、

無料でお伝えしています。

購読はこちらから。

Top