【コーチング】起業って

コーチングにしても何にしても、

このところ最近よく聞くのが、

「起業したいんです」

っていう言葉。

 

いや、しろよ。

って話になっちゃうんですけど、

そこには「とはいえ」があるわけで。

 

つまりその人が何をもって起業って言葉を使っているのかが、

よくわからないことが沢山ある。

 

起業ってなんですか?

 

開業届をだすことですか?

ブログを書くことですか?

ファーストキャッシュを得ることですか?

生活水準を満たすだけのお金を稼ぐことですか?

100万円とか稼ぐことですか?

 

起業ってなんでしょう?

 

僕は起業っていうのは、

自分の仕事に関して自分で責任を取る覚悟が決まった瞬間から、

始まるものだと考えています。

 

その時点でもう起業。

 

だから、起業準備中なんていう言葉は存在しない。

起業準備中、とか言っているってことは、

起業しませんって言っているようなもの。

 

依存心の塊になって、

起業塾みたいなところに行って、

すがってすがって、あの人みたいになれるって信じて、

結果その人の宣伝に使われてるだけ、

なんていうのはその起業塾が悪いんじゃない。

 

起業の覚悟が決まっていないだけ。

 

だって、その起業塾でも起業成功する人いますからね。

僕はそういうやり方はしないけど。

 

だいたい起業塾って、稼げるようになる確率が5%くらいだそうです。

起業塾の運営者が言ってました。

 

そんな姿勢で起業塾みたいのをやる側もどうなの?って思うけれども、

そこにって起業できないのは、

ほとんど本人の覚悟の問題。

 

だって、

起業塾に行かなくても起業する人は起業するから。

知識もお金も何にもなくても、

人の役にたつって決めて、起業する人は沢山いるから。

 

起業して、うまくいかなかったことを、失敗とするのか

覚悟が決まらない時間をずっと過ごして、

限られた人生の時間をすり減らしていくことを失敗とするのか、

ぜひ今一度考えてみるといいと思いますよ。

Top