【コーチング】情報発信について

日々コーチングセッションをしていると、

「ブログが書けないんです」

みたいなことを、まあまあよく言われます。

 

書けないんです、っていうってことは、

きっと書きたいとは思ってる、

もしくは、書かなきゃいけないと思ってる、

ってことだと思う。

 

後者だったら、さっさとブログなんか閉鎖すればいいと思うけど。

 

先日、あるコーチングの勉強会で、

こんなことを言われました。

 

「facebookって、毎日書かないと、書けなくなってくるんだよね」

って。

 

そう、これは確かにそうかもしれない。

書かずにいると書けなくなる。

 

人間、一日立ち上がらずにベッドで横になっていると、

何日分かの筋力が落ちて、

それを繰り返しているとあっという間に寝たきりになる、

なんていうのをなんかの本で読んだけど、

きっとそれと同じ。

 

ポーランドの作曲家でピアニストのパデレフスキも

「1日に練習をしなければ私にわかる。2日練習をしなければ評論家にわかる。3日練習をしなければ聴衆にわかり始める」

っていう言葉を残しています。

 

プロのピアニストだって、

たった一日練習をサボれば、実力が落ちることを自覚しているわけです。

 

情報発信だって同じ。

書かなければ書けなくなります。

 

いま、書けないって言ってるなら、

書かないでいたらもっと書けなくなります。

 

限定公開だっていいし、

twitterだっていいし、

なんかのブログでもなんでもいいですよ。

書いてみたらどうですか?

 

 

どうせ誰も見てないから大丈夫ですよ。

Top