【コーチング】インターネットを使った集客

コーチングをビジネス化するために集客を考えていくと、

「リストを集めましょう」という言葉を目にすることが多くありませんか?

 

よくあるのは、

  • メルマガを配信しましょう
  • ステップメールを配信しましょう
  • facebookの友達を増やしましょう
  • アメブロの読者を増やしましょう

などです。

 

リストっていうのは簡単に言えば、見込み顧客(この言葉嫌い)の連絡先のことです。

インターネットマーケティングをするならこのリストを集めましょう、

というのが現在の主流ですが、

僕は「ちょっとどうかな?」って思ってます。

 

なんでかっていうと、

リストを集める、ということは、

そのリストの人たちに商品を販売するために、

結局どこかで売り込みをかけるようになるからです。

 

そして、コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピスト、

などの仕事で、リストからリアルな接点を持っての販売となると、

結局はクロージングをかけなければいけなくなります。

 

よくあるのが、会場価格の設定ですね。

つまり、

「今この場で契約してくれたら安くなりますよ」

というものです。

 

僕はこういうお互いの心に負担がかかるようなセールスっていうのはしたくないし、

させたくないです。

 

対面セールスが一切不要な状態が理想。

コーチング商品のことを口に出さなくても、

お申し込みをしてもらえる状態が理想です。

 

そのために重要なのは、

「インターネットを使った集客〜販売の自動化」

です。

 

もっと言うと「買いたい気持ちを育てる本物のマーケティング」です。

 

あえて本物、と言っているのは、

非対面自動販売にこだわっているからです。

 

ぜひ、本物のマーケティングに触れてみてください。

Top