【コーチング】人は常になりたい自分になろうとしている

コーチングというのは目標設定から始まりますが、

目標設定は非常に重要だと僕は考えています。

 

単純に収入金額だけにこだわったコーチングを僕が絶対にしないのも、

コーチングにおける目標設定が、

その人の人生を大きく左右する、ということを知っているからです。

 

人は、

方法があっているか間違っているかは別として、

常になりたい自分に成るべく行動をしています。

 

哲学者ヘーゲルは、弁証法を用いてこれを証明しました。

テーゼ→アンチテーゼ→ジンテーゼというのが、弁証法です。

 

「こうだ」があって

「いや、こうなんじゃないか」がうまれて

「あ、つまりこういうことだ」という新しい発想が、

よりよい自分になるために繰り返し生まれてきます。

 

より理想の自分に近づくために、

人間の頭の中ではこの論理が常に巻き起こっているわけです。

 

この時に、

その「よりよい自分」は無意識的にも目標になってそれを理想とするようになります。

 

怠惰に生きたい、と常日頃思っていれば、

どんどん怠惰になる、それも一つの目標達成です。

 

思い描いている自分になる、って言うのはそういう理屈です。

 

だからこそ、どんな自分になりたいのか、

というのが低次の欲から生まれたものではない、

本当の在りたい自分から生まれた目標であることは、

非常に重要なわけです。

Top