【コーチング】ふところにもぐりこむ

例えばこんな状況があります。

 

営業をしている人で、

「先輩は相手のふところに潜り込むのがうまい。だけど僕はそれができない」

と言っている。

 

同行して、その先輩のことを観察しているのだけど、

どうやってふところに潜り込んでいるのかがわからない。

 

そんなことを言っているとします。

 

その人は、

「先輩がふところに潜り込む様子」

をなんどもたくさん観察しているのに、

なぜか自分に再現することができない。

 

これはなんでなのでしょうか?

 

 

理由はもしかしたら、

「ふところに潜り込む方法を知りたい」

という視点でその先輩を見ているからなのかもしれません。

 

話をわかりやすくするために、

ボクシングにしてみましょう。

僕はボクシングは素人なので、

ここから書くことは全くの適当です。

なので、意図を汲んでもらえたらと思います。

 

あるボクサーは、

相手のふところに潜り込むのがとてもうまい。

そして、それを真似したいボクサーは、

その人が相手の懐に潜り込む様子を何度も見ているのに、

自分がそれを再現できないことで悩んでいます。

 

あるコーチが、彼にこう言いました。

「もぐりこむっていうのは、つまりどういうことですか?」

「より具体的にすると、どういうことになりますか?」

「彼は何をしているのでしょう?」

と。

 

すると、いろんなことがわかってきました。

 

まず、相手の動きをよく見て、相手が左パンチを出そうとして左ひじを上げた時が、ふところに潜り込むチャンスだということ。

そして、そう判断した瞬間に、右足を斜め前に踏み込んで、重心を移し、右ひざを曲げながら頭を右下に下げ、

右腕をたたみながら肘をわき腹に寄せるようにして、拳を少しねじるようにする。

そこから、相手の左脇腹の空間に、体と拳を入れていく。

 

こんなことを見て取ることができました。

 

どうでしょう?

圧倒的に再現性が高くなりませんか?

 

つまり、

ふところに潜り込むのがうまい人は、

ふところに潜り込んでいるわけではないのです。

 

見て憧れている人が勝手に、

「あの人はふところに潜り込むのがうまい」

と思い込んでいるだけなのかもしれません。

Top