【コーチング】ビジネスセンスについて

中野さんはビジネスのセンスがあるよね。

 

これは時々言ってもらえる言葉です。

僕自身は別にそんなふうには思っていません。

 

今は、コーチングをビジネスにしています。

 

コーチングは、とてもビジネスにしやすいスキルだと思います。

なぜなら、あらゆるシーンで活用できるからです。

 

なぜ、あらゆるシーンで活用できるのかというと、

コーチングは、コミュニケーションだからです。

そして、

人生はあらゆるシーンがコミュニケーションです。

 

僕たちは、

わざわざコミュニケーションを学ぶ、ということをしてきませんでしたよね。

コミュニケーションっていうのは、

自然と身についていくもの、なんていうふうに誰しもが思っているのかもしれません。

 

ただ、世の中にはコミュ障、なんていう言葉もあるし、

自分がそれだと思っている人もたくさんいます。

(最近は言い訳にその言葉を使う人も多い気がしますけどね)

 

 

さて、僕はそんなコーチングをビジネスにしているわけなんですけど、

自分自身にビジネスセンスがあるか、

と自問した時に、

正直「別にそこまでない」と思っています。

 

ただ、一つだけ心がけていることがあります。

 

それは何かというと、

「時代の半歩先を読む」ということです。

 

一歩先を読むのは大変。

10歩先なんか見えない。

 

だけど半歩先なら、なんとなく見える。

こっちかなーって。

 

ビジネスを始める時に、

「イノベーションを起こさなきゃ」

「ジョブズみたいに!」

なんて考える人もいます。

 

ただ、

「どんなサイズのビジネスをやりたいの?」

って考えた時に、

本当に世の中に革命的なイノベーションを起こそうと思ったら、

本当に大きなビジネスモデルが必要になります。

 

それ、本当にやりたいの?

って自問するのも大事ですね。

 

本当に革命的なイノベーションを起こそうと思ったら、

ブルーオーシャンを見つける必要があります。

 

ブルーオーシャンっていうのは、

ライバルがいない、未開拓値のことです。

 

ただ、

小さいサイズのビジネスをやろうと思ったら、

ブルーオーシャンなんて行く必要はないし、行かないほうがいいです。

 

なぜなら、

現在世の中にブルーオーシャンとして残されている場所は、

かつて多くの人が挑戦して、うまく行かなかったところ、

とも言えるからです。

 

自分以外に沢山の人がいることを忘れてはいけません。

 

小さいサイズのビジネスを起こしていこうと思ったら、

レッドオーシャンを選ぶことです。

そこには、もうすでに市場があります。

市場があるということは、お客さんがいる、ということです。

 

そこで、時代の半歩先を読むことです。

この市場って、これからどうなっていくのかな。

この市場って、これからどんなニーズが出てくるのかな。

って。

 

流行ってるものに迎合して、

同じようにやってても、ビジネスはうまくいきません。

 

とはいえ、人と同じにやりたがる気持ちもわかります。

そのほうが安心ですもんね。

つまり、人と違うことをするのは不安なわけです。

 

だけど、そもそもビジネスをするのって、人と違うことです。

昨日までの自分の常識にしがみついていれば、

結果が変わることはありません。

 

だから、半歩先を読んで、

動いてみる。

 

間違えたって、いいじゃないですか。

Top