【コーチング】不安への立ち向かい方

コーチングをしていると、

いつも切っても切り離せないのが、不安という感情です。

 

人は大抵、不安から余計なことをします。

そして、その余計なことが、目標達成を妨害します。

なぜなら、目標達成に必要の無いことをわざわざすることに、

わざわざエネルギーと時間を使うからです。

 

なぜ人は不安になるのでしょう。

 

一つの原因は、

「自分の中にある完全無欠の自分像との比較」です。

 

例えば、

僕は駅の改札でpasmoをピってやる時に、

ズボンのポケットから出し損ねて、自分の後ろにちょっとした列を作ってしまうことがあります。

そんな時、心の中でちょっと思うのです。

「自分としたことが」

って。

 

いや、そんな言葉では無いと思うんですけど、

「わたしとしたことが」的な感情が心に入ってくるんです。

 

水をこぼした時、忘れ物をした時、

ほんと、ちょっとしたミスをした時に、

「自分としたことが」って思うこと、ありませんか?

 

その時に対比しているのが、

「自分の中にある完全無欠の自分像」です。

 

完全無欠の自分は、そんなことしない。

 

そう思ってるわけです。

 

ところが、

はっきり言って忘れ物をするのも水をこぼすのも、

pasmoがポケットから出なくて後ろに列を作るのも、

ちょっとした言動で人を傷つけるのも、

「今現在の自分の実力」です。

 

そして、完全無欠の自分像と比較すること自体に、

大した意味はありません。凹むだけです。

 

しかもその完全無欠の自分像って、

とっても曖昧です。

なんとなく思ってるものです。

 

曖昧だから、余計不安になる。

 

それよりも、

「こうなりたい」という自分を明確にした上で、

そこに向かって半歩でも前進できた自分を励ましながら、

成長を楽しみながら、理想の自分になっていくほうが、

よほど合理的だし、不安も少ないですよね。

 

それだって、不安はあります。

だけど、そういう不安は、自分を成長させるエサになります。

 

不安の性質が違う、ということです。

 

不安は悪いものではありません。

性質の問題、ということです。

Top