【コーチング】純粋な欲求を大切にする、の続き

例えば、

近所の公園に堂々と生えているイチョウの木を見た時、

あなたはその木が、なぜそこに存在するのか、

という意味を考えますか?

 

普段なかなか考えることはないかもしれません。

 

では、逆に、

イチョウの木には存在意義はないのでしょうか?

 

そうとも言えないでしょう。

 

誰かに頼まれたわけでもなく、

そこにいて、地球の大きな自然のシステムの一部として、

大切な運営役をしてくれている、と、

そうは思いませんか?

 

なんの意味もなく、とりあえず生えている木、

そんなもの、世の中にあるでしょうか?

 

では、動物はどうでしょう?

 

例えば、あなたが行ったことがないくらい深い深い山の中、

その山の中の森の中に、何かしらの動物がきっといるでしょう。

 

その動物の存在は無意味でしょうか?

きっと、そうではないですよね。

 

ある動物が害獣だからといって、

人間が大量に捕獲したら、

別の動物が大量発生して、

穀物が食い荒らされて、人間が飢饉になった。

なんていう例は、人間の歴史の中にたくさんありますね。

 

ということは、

もとをただせばその動物や植物の一つ一つに、

全て存在意義があった、ということになるのではないでしょうか?

 

では、あなたの存在意義はなんでしょう?

 

人間は、自分の存在意義を考えることができます。

そして、それゆえに悩んだり苦しんだりします。

 

 

「あんたには存在意義はないよ」

 

なんていうことを言われたら、

誰だって辛いし、

誰かに認めて欲しい、という気持ちにもなりますよね。

 

これは職場だってそうだし、学校だって社会だって、

なんだってそうです。

家族の中でもそうですよね。

 

では、存在意義がない人なんているのでしょうか?

 

僕はいないと信じています。

なぜなら、人間だって地球を構成する動物だからです。

他の動物と同じ。イノシシとか牛とかクマとかと同じだし、

イチョウの木やバラの花とも同じです。

同じように、何かしらの存在意義があります。

 

では、その存在意義っていつごろできるのでしょう?

 

イノシシの存在意義はいつできたのでしょう?

バラの存在意義はいつできたのでしょう?

 

僕は、

それはこの世に生を受けた時に、

もうすでにあった、

と考えています。

 

つまり、人間も同じ。

 

あなたは生まれて来た時に、

「もうすでになんらかの存在意義をもってこの世に生を受けた」

ということなのかもしれません。

 

そして、もうすでにそこにあるものに対して、

人間は、「自分の存在意義ってなんだろう」というふうに、

悩んだり苦しんだりします。

 

生まれた時から持っているものというのは、

もうすでに当たり前になっているのもだから、

なかなか見つかりにくいのかもしれませんね。

 

では、それはいったいどうしたら見つかるのかというと、

子供の頃から持っていた、純粋欲求から見つかるんじゃないかと、

僕は考えます。

 

理由なんか聞かれてもわからないし、

理由なんかないけど、

でもとにかくこれが好き。

これがやりたい。

これがほしい。

そういうものって、子供の頃、ありませんでした?

 

今でもあるとしたら、それはとっても素敵なことです。

 

僕だったら例えば、

とにかく電車に乗るのが好きです。

その代わり混んでるのはダメです(笑)

 

そういう純粋な欲求は、

あなたの人生の水脈となって、

あなたの存在意義という水源に、

必ずと言っていいほど結びついています。

 

だから、

意味があるとかないとかじゃなくて、

まるでどうしようもなく誰かに恋をしてしまうのと同じように、

理由もなく好きだった何かを、

もう一度思い出してみてください。

 

きっとその純粋な欲求は、

あなたの存在意義につながります。

 

そしてその存在意義につながることを仕事にできた時、

人は儲かるとか儲からないとかじゃなくて、

心から豊かさを経験しながら、

人の役に立ち、喜ばれ、

有意義で人生そのものの質の高い人生を送っていくことが、

きっとできるのではないでしょうか。

Top