【コーチング】人生を変えたい

「付き合う人が変わって、自分は成功者になった」
みたいなことを、平気でfacebookとかに書く人がいますが、
正直、「・・・。」ってなってしまいます。

その発言、
「過去に自分の周りにいてくれた人」が読んだら、
どう思うんだろう。

っていう、視点がないからこそ、
出てきてしまう残念な発言だと、僕は思います。

 

人生は、今この時からでも変えられる

 

こんにちは、こんばんは。

TCS認定コーチでマーケティングコーチの中野です。

今日もよろしくお願いします。

 

このところ、新しくご契約いただくクライアントさんからよく聞かれることがあります。

どんな質問かというと、
「中野さんはどうやってそんなに人生を変えたんですか?」
という質問です。
どういうことかというと、
僕は数年前まで、本当に一文無しで、仕事もなくて、
借金だけ何千万もある状態だったんですけど、
そこからどうやって今の状態になったんですか?
ということです。

 

チャンスはどこにでもある

それで、僕は今の自分の状態を
「成功者だ」なんて言うつもりはさらさらありません。
人にそういうことをわざわざ言う人って、下品だと思うし。
ただ、どうやって今の状態になったのか、
という質問に答えるとしたら、
3つのコツが挙げられます。
一つ目のコツは、
「チャンスはどこにでもある」という心がけです。

チャンスはどこにでもあるって思いながら、
ちょっと外に出て散歩してみると、
本当にチャンスっていろんなところに転がっています。

ここで言うチャンスは、人生を豊かにしたり、
そういうビジネスチャンスという意味です。

ビジネスは、人に喜んでもらったり、役に立つことができて、
そこから対価をいただければ成立します。
だからビジネスは他者貢献です。

外を歩いていると、そういうチャンスってそこかしこにあります。
その場では見つけられなくても、必ず発想が出てきます。

なぜなら人は、
「元来誰かの役に立ちたい生き物だから」です。

これは本能に刻み込まれています。

もうずーっと昔から、人間は社会的な生き物になっていますので、
「誰かの役に立ちたい」という思いが無意識に刻み込まれています。
小さな子供なんか見るとよくわかりますよね。
ただ、お金が絡むと、欲や不安が出てきて、
そこに純粋な思いが向かなくなる、ということもよくあります。
僕自身も長いことそんな感じでした。
じゃあ、どうしたらそうならずにいられるのか、
どうしたら純粋な気持ちで
チャンスを見つけることができるのかといったら、
それが次のコツです。

 

 

今そこにすでにある幸せや感謝できることに感謝する

それは、
「今そこにすでにある幸せや感謝できることに感謝する」
という心がけです。
誰しも、特に日本なら、
普通に生きている環境や身の回り、人間関係の中で、
感謝できること、幸せを感じられることが
結構たくさんあると思います。

それに改めて感謝をすると、
脳の活用量が高まります。
不安で凝り固まって狭くなっていた視野が、
どんどん広くなります。

これは、自己啓発系の話でも、怪しい話でもありません。

科学的な話です。

人の脳は感謝を感じると「ドーパミン」というホルモンを分泌します。
感謝という感情は、ドーパミンを分泌する脳幹を刺激するためです。
ドーパミンは別名「快楽ホルモン」と言われています。

また、「セロトニン」(別名:幸福ホルモン)の分泌も促します。

ドーパミンやセロトニンが多く分泌されると、
人は不安を感じにくくなります。

不安を感じにくくなると、視野が広くなります。

不安を多く感じている状態は、その解消のために、
問題解決法に焦点を定めがちです。
しかしそもそも不安は「対象が明確でないから起きる感情」です。
解決できないのに視野が狭くなっている状態です。

そこで、ドーパミンやセロトニンを多く分泌すると、
不安を感じにくくなり視野が広くなります。

視野が広くなると、チャンスを発見しやすくなります。
だから、ドーパミンやセロトニンを分泌するために、
幸せや感謝を心がける習慣は非常に大切なんです。
という、難しいことは忘れても結構です。
だって、幸せや感謝に気づくと、それだけで気持ちがいいですよね。
そういう気持ちで毎日を過ごしているだけで、
チャンスは発見しやすくなります。

なんでもいいと思うんですよ。
コンビニで店員さんに「ありがとうございます」っていうとか、
飲食店で「ごちそうさまでした」って、
今までよりももう少し気持ちを込めて言ってみる、とか。

 

 

明確な目標を持つ

そして、三つ目のコツは、
「明確な目標を持つこと」です。

なぜ目標を持つことが大切なのかというと、
目標を持っていない状態は、
目隠しをした馬に乗って走るのと同じ状態だからです。

自分の人生がどこに向かっているのかわからない状態って、
誰しも不安ですよね。

明確な目標を持って、そこに半歩でも一歩でもちょっとずつでも、
前進できているという実感があれば、
不安も少なくなって、幸せや感謝を感じやすくなります。

また、明確な目標を持っているからこそ、
「これはチャンスだ!」と気づくことができるようになります。

なぜなら、「チャンス」というのは、
なんらかの結果をもたらす可能性があるからチャンスと呼ぶことができますよね。
なんらかの「結果」を求めていることを「目標」と言いますよね。

だから、明確な目標を持つことは大切なことです。

 
三つのコツ
一つ目、「チャンスはどこにでもある」という心がけ
二つ目、「今そこにすでにある幸せや感謝できることに感謝する」という心がけ
三つ目、「明確な目標を持つこと」

ぜひ心がけてみてください。

それだけでも間違いなく人生は変わります。

Top