【マーケティング】マーケティングというコミュニケーションを知る効果

 

facebookで連載記事を書いてみたのですが、

好評だったのでこちらにコラムとしてまとめます。

 

マーケティングに対して「楽しそうじゃない」という印象があり、戦闘タイプじゃないあなたのための

楽な気持ちでビジネスできてさらにお客さんも増える、

効果的なものを思い込みなく使えるようになり、

喜ばれるマーケティング(コミュニケーション)を知ることができる、

 

そんな内容のコラムです。

 

 

マーケティングは怖くないんです!

 

 

「売る」ということに抵抗を感じていませんか?

 

仕事柄、いろんな相談を受けるのですが、

「お客さんに自分のサービスを勧めたり、

売ろうとすることに抵抗がある」

っていう方って、多いんですよね。

 

誰かに自分の商品やサービスの話をしようと思うと、

なぜか心が重くなる。

 

でもやっぱり売れるようになりたい。

売れてそうな人のfacebookとか見てると、

焦ったり、嫉妬してしまったり、

それでそういう自分に気づいて、またちょっと嫌な気持ちになったり。

 

僕は「マーケティング」というものを「コーチング」することで、

そういった方の目標設定、目標達成のサポートをしています。

 

 

 

すごく良いものだって思えば思うほど

 

あなたはきっと、あなたのサービスに自信と誇りを持っていますよね?

サービスの品質を100%お客さんに提供できるかどうかは別としても、

きっと、サービスそのものには自信と誇りがあるはずです。

 

カウンセリングって素晴らしい!

とか、

コーチングって世の中を変えるものだ!

とか。

 

でも、なぜでしょう。

 

そう思えば思うほど、

良いものだと思えば思うほど、

なぜか人に伝えにくくなってしまう。

 

伝えたい、伝えなきゃ、いいものだから、

そう思えば思うほど、

「いや」「でも」っていう気持ちが、

心の中に湧き上がってきてしまう。

 

「あなたにわたしのサービスを受けてほしい!」

そうまっすぐ言えればいいのに、言えない。

 

だから、ブログやfacebookで言葉をこねくり回してみたり。

 

今まで、そういうのを指導して解決するのが

「コンサルタント」と呼ばれる人たちだと思われてきました。

 

だけど、今までコンサルと呼ばれていた人たちとは、

だいぶ違うことをお伝えすると思います。

 

 

マーケティングはコミュニケーション

 

結論から言うと、

「良いものだからこそ、伝えたい、でも・・・」

というのを解決するコミュニケーションの技術こそが

「マーケティング」なんです。

 

そう、マーケティングってコミュニケーションの一つなんです。

 

コミュニケーションっていうと、

喋ったり聞いたりをイメージするかもしれませんが、

それだけじゃないんですよね。

 

マーケティングっていうのは、

お客さんに気持ちよく購入(お申し込み)を決めていただくための、

コミュニケーションの技術なんです。

 

マーケティングという言葉の定義は、

「セールスを不要にするためのもの」

と、ピータードラッカーは言っています。

 

つまり、マーケティングというコミュニケーションを覚えると、

売り込みもクロージングも煽りも必要がなくなる、ということです。

 

横文字ばかりだと、なんだか怖そうとか、難しそうって思うかもしれません。

 

だけど、本来マーケティングっていうのは、

本当に良い商品を、本当に必要な人のために、

「わたしに必要なものだったんだ」

って気づいてもらうためのものなんです。

 

だから、お互いのための、やさしいコミュニケーションの手段なんです。

 

 

クロージングは必要ない

 

クロージングってわかりますか?

 

クロージングっていうのはわかりやすく言えば、

「まだ購入を決めていない人に対して、

今この場で決めてください、と迫ること」

を言います。

 

「お試しのセッションなどで、クロージングができません」

というご相談が本当によく寄せられます。

 

おそらく

「今日この場で継続セッションを決めていただいたら、安くしますよ」

みたいなことを言おうと思っても言えない、

みたいな状況があるのだと思います。

 

クロージングって、する側にも負担があるし

実際にはされる側にだってとっても負担があります。

 

だって、ゆっくり考えたいですもんね。

そして、相手を思いやる人ほど、

「わたしが相手だったら、ゆっくり考えてから決めたいって思うだろうな」

って、そんなふうに想像するはずです。

 

それなら、クロージングを不要にすればいいのです。

こちらから売り込まずに、信頼され、

喜んで購入(お申し込み)を決めていただければ、

その相手からはさらに信頼していただけます。

 

僕は元々、自分の思いを伝えるのが苦手なタイプですが、

クロージングを一切しなくなってから、思いを伝えやすくなりました。

 

 

あなたが本当に伝えるべきこと

 

クロージングをしたり、商品やサービスの良さをがむしゃらに伝えるよりも、

もっともっと大切なことがあります。

 

それは、あなたの「魅力」と「信頼」が

「見てくれている人」に伝わることです。

 

見てくれている人には、あなたの「やりたい」は関係ないんです。

少なくとも最初は。

 

でも、見てくれている人にとってあなたが「魅力的」に見えていれば

話は違います。

だからあなたは、見てくれている人にとって何が魅力的なのかを

知っている必要があります。

 

それよりも前に、あなた自身の魅力を知っている必要があります。

 

あなたが魅力的に見えれば、

あなたが広めたいと思っている良いサービスも、

自然と魅力的に映るようになります。

 

どんなに良い商品でも、あなたの魅力が伝わらなければ、

魅力的には映りません。

 

そして、あなたが良いものを一生懸命広めようとする一貫した姿に

見てくれている人は「信頼」を感じるようになります。

その信頼関係を構築するコミュニケーションこそが「マーケティング」です。

 

あなたの魅力はなんですか?

身近な人に聞くと、結構教えてくれるものですよ。

 

 

安心感が鍵

あなたの魅力はどうしたら見つかるのでしょうか?

その鍵は、安心感にあります。

 

あなたが安心感を得られる環境。

その環境こそが、あなたの魅力を存分に発揮できる環境です。

 

豆苗(とうみょう)は水を与えると、光の方向に向かって伸びます。

光を当てる方向を変えると、伸びる方向も変わります。

 

豆苗にとっては、水と光こそが安心感なんですね。

だから、豆苗は魅力を発揮することができる。美味しくなる。

 

あなたが、安心感を得られる環境に身を置くことができれば、

あなたのコミュニケーションには不安がなくなり、

周りの人はあなたによりたくさんの魅力を感じるようになります。

 

あなたがあなたの魅力を存分に発揮できる環境に身を置くことができ、

あなたの行動が不安でぶれることがなくなれば、

あなたの「魅力」と「信頼」は自然と伝わるようになります。

 

「魅力」と「信頼」を自然と伝えらえるようになること。

それこそが「マーケティング」です。

 

マーケティングは、「戦術」「戦略」「ターゲティング」「ポジショニング」など

戦いを連想させる言葉がとても多く使われます。

だけど僕は、そういった戦いを連想させる言葉を使うことなく、

マーケティングの面白さを伝えていきたい。

 

なぜなら、戦いからではなく、安心感からでも十分に説明ができるからです。

マーケティングがビジネスの奪い合いのコミュニケーションでなくなれば、

みんなが幸せを味わい続けられる居場所を見つけられるはずです。

 

 

あなたの行動も誰かの行動も「安心感」

 

マーケティングは「セールスを不要にするもの」

つまり、「購入する」という「行動」を

気持ち良く起こしてもらうためのものです。

 

新たな「行動」を起こすためには、誰でも「安心感」が必要です。

「安心感」がないと不安で動くことができません。

 

つまり、

あなたが目標に向かって行動するのに必要なのも安心感。

あなたが誰かの目標達成をサポートするのに必要なのも安心感。

そして、あなたのサービスへのお申し込みを決めてもらうのも、安心感です。

 

安心感を届けることができれば、クロージングは不要になります。

そもそもクロージングってお互いに圧迫感しかないですしね。

 

商品を売ろうとするのではなく、

あなたが今もうすでに持っているあなたの魅力を発揮し

心から良いと思うものを一生懸命広めようする一貫する姿に

見てくれている人は「魅力」と「信頼」を感じます。

 

その「魅力」と「信頼」で「安心感」を伝えることができれば、

お客さんには、喜んで行動(お申し込み)していただくことができます。

 

大切なのは「喜んでいただくこと」です。

 

突き詰めて言えばマーケティングって、

どれだけ安心し、喜んでもらえるか、

なのかもしれません。

 

 

どうしたら、魅力、信頼、安心を伝えることができるのか

 

マーケティングというのは、

技術的なことや、

横文字のことでもなければ、

何かを奪い合い戦うことでもない、ということをお伝えしてきました。

 

マーケティングとは、

魅力と信頼を伝え、安心感をもって喜んで行動(お申し込み)してもらう

コミュニケーションのことです。

 

ではどうしたら、魅力と信頼感と安心感を身につけられるのでしょうか。

 

魅力を伝えられるようになるためには、

自分の魅力を知る必要があります。

 

人に信頼感を与えられるようになるためには、

自分自身を信頼できている必要があります。

 

人に安心感を与えられるようになるためには、

あなたの中にある不安を軽くしていく必要があります。

 

それをお伝えしている講座が、

僕が提供しているサービスである、

トラストコーチングスクール(TCS)です。

 

これから安定して長くビジネスを続けていきたい人には、

必須の講座です。

魅力と信頼感と安心感を伝えられる自分になるための、

コミュニケーションの学びです。

 

 

 

僕から提供できるサービスは2つ

 

魅力と信頼感と安心感を伝えて、

喜んで行動(お申し込み)をしてもらうためのコミュニケーションを

マーケティングとお伝えしてきました。

 

そんな、魅力と信頼感と安心感を伝えられるようになるために、

僕が現在提供しているサービスは二つです。

 

一つは

トラストコーチングスクール(TCS)

 

もう一つは

マーケティングの無料メール講座

 

本当はもう一つ「MCWセッション」という継続セッションがありますが、

こちらは数ヶ月待ちの状態になっています。

 

本当に良いサービスだと思っているからこそ、

本当に伝えたいと思ってる。

だけど、なかなか一歩踏み出すことができない。

 

「本気で伝えたいなら、とっくに伝えてるはず。

それをしないってことはそこまで強い気持ちがないんじゃないの?」

そんなふうに周りの人に思われてるんじゃないか、

なんて思ってしまうこともあるかもしれません。

 

でも、決して理由はそれだけじゃなかったんだってことがわかるのがTCSだし、

それを乗り越えて、魅力と信頼と安心感を伝えていくのがマーケティングです。

 

マーケティングは怖いものではありません。

みんながイキイキと活躍するためのものです。

売るためのものだけじゃなく、

コミュニケーションとして興味を持ってもらえたら嬉しいです。

Top