【コーチング】近所のコンビニで学んだこと

こんにちは、こんばんは。

TCS認定コーチでマーケティングコーチの中野です。

 

僕はコンビニに行くのって結構好きなんですよね。

近所に何軒かあるのですが、一番よく行くのはファミリーマートです。

 

いらっしゃいませー!

 

近所のコンビニでの出来事

以前うちの近所のファミリーマートであった出来事です。

 

そこのファミマでは、入り口を入って右側すぐのところに、
雑誌売り場があって、書籍なども少し置いてあります。

 

新しい話題の本なども多く置いてくれるようなお店で、
実は僕のクライアントさんが新しい書籍を出版すると、
すぐにそこに並んだりします。

 

今回の出版に際しても、
その本がしっかりと陳列されていたのですが、
その日、その本が売り切れになっていました。

 

あーー、よかったなー、売れたんだなー、
って思いながら、僕は雑誌「LEON」を手に取りました。

 

ファッション誌ってほとんど読まないのですが、
LEONだけは読むんですよね。
なんとなく、イタリアちょいワルみたいなファッションに
憧れがあります。

 

そしてLEONを手に取り、
飲み物の売り場に行きました。
ビールを買いに来たのです。

 

そしてカゴにLEONとビールを入れて、
僕はレジに行きました。

 

「いらっしゃいませ!」
感じの良い女性でした。

 

 

レジにて

 

雑誌一冊とビールだけですから、
すぐに終わります。

 

「○○円になります!」

 

と。
僕はお金を用意していました。

 

そして、
「雑誌とビールは袋を分けてもよろしいですか?」
と聞かれて、

 

「はい、お願いします」

 

と。

 

「ありがとうございました!」

 

そして、その袋を持って家に向かって歩き始めたのですが、
何か気分が良いことに気づきました。

 

なんだろうな。この気分は。
と、不思議に思ったのです。
よくよく考えてみたら、
レジでかけられた言葉がいつもとちょっと違ったんです。
わかります?

 

 

どんな言葉だったか?

「雑誌とビールは袋を分けてもよろしいですか?」

と聞かれました。
普通、というか、よくある聞き方って、

「雑誌とビールは袋をお分けしますか?」

というような聞き方だと思います。
僕だけかもしれないんですけど、

 

「お分けしますか?」
って聞かれると、

 

なんとなく、
「面倒をかけるのも悪いな」
というような気持ちがほんの少し芽生えます。
例えば、お弁当をあっためてもらった時、
「お弁当とお飲み物は袋をお分けしますか?」
と聞かれると、

 

まあ、家からすぐ近くだから、いっか。
面倒かけるのも悪いし。
というような気持ちがちょっとあります。
同じような状況の時に、
「お弁当とお飲み物は袋をお分けしてもよろしいですか?」
と聞かれたら、あなただったらどう思いますか?
僕だったら、なんというか、
とても気持ちが楽だと思います。

 

「あ、はい」って。
それだけで済んじゃうし、特に悪いなって気持ちもしない。
「雑誌とビールは袋をお分けしてよろしいですか?」

 

そのアルバイトの女性が、
意識してその言葉を使っていたのかどうかは分かりませんが、
ほんのちょっとした言い回しの違いで、
こんなに相手への印象が違うんだなと、
とても勉強になりました。
暖かいサービス提供、
暖かいマーケティングは、
日々のこんな出来事からも、
学んでいけるのかもしれませんね。

Top