【コーチング】貢献を考える前に

前回の投稿で、
メルマガによく返信をいただくんです、っていうお話をしました。

また面白くて嬉しいメールをいただいたので、
今日はそれをシェアしますね。

 

太陽は、自分が燃えているから人を温められる

 

 

こんなメールいただきました

ここからーーーーー
中野さん、いつもメルマガありがとうございます。

中野さんのメルマガは、なんというか、すごく安心感があるというか、
会ったこともないのに不思議と信頼できる人だなって思えてきます。

わたしはあるカウンセリングの協会で勉強して資格をとりました。
それでたくさんの人の役に立てたら嬉しいな、って思ってたんです。

でもみなさんと同じで、カウンセリングの勉強をどんなにたくさんしても
お客さんは来ないんですよね(´_`。)

それで、集客とか起業とかのサービスをしているコンサルの方のいろんなメルマガを取り始めたんです。
同時進行で8人分くらい読んでました^^

そしたら、いろんな人がいろんなことを言うので、もうわけがわからなくなってしまいました。

facebookやった方がいいとかやらなくていいとか、
ブログいっぱい書いた方がいいとか書かなくていいとか、
「どれが正解なの?」って。

それで、ほとんどのメルマガをちゃんと読まないような状態になっちゃって
受け取ることがストレスになってきたから
全部解除しようと思ってなんとなくみなさんのメルマガを見てたんです。

その時にパッと目にとまったのが、中野さんのメルマガでした。

そして、なんとなく読んでたら
「あれ、この人のメルマガは読みたい」
って自然と思えたんです。

それが自分でも不思議で不思議でしょうがなくて。

それでなぜなのか考えてみたら
中野さんはそもそも考え方の軸が違うんですね。

多くのコンサルさんは
「あれをやりなさい、これをやりなさい」
って言うけど
中野さんってつまり
「やりたくないことはやらなくていいから、自分の心にききなさい」
って言ってるんですよね?(違ったら教えてください^^)

それが中野さんの安心感とか信頼感なのかなー
なんて思いました。

他の人のはみんな解除しましたが、中野さんのメルマガは楽しみにしています。

これからもよろしくお願いします。

(お忙しいと思うので返信は不要です)
ここまでーーーーー
いやー、嬉しいですねー。
まさかこんな感想を持ってくださる方がいるなんて。
本当に嬉しいです。

まさに、この方のおっしゃる通りです。

そもそもビジネスには正解はありません。

 

 

唯一のビジネスの正解

 

一つあるとしたら
「人の役に立ち喜ばれることをする」
これくらいです。

そうじゃなかったら詐欺になっちゃいますもんね。
万物は流転するし諸行無常です。

ただ
人間が人間として繁栄してきたのは
「協力しあってきたから」
です。

だから、ビジネスの形やルールや流行がどんなに変わっても
「人の役に立ち喜ばれることをする」
という大前提自体は変わりません。
逆に言ったら、
「それ以外はみんな変わる可能性がある」
ということです。

電話もなかった頃。
電話しかなかった頃。
FAXが登場した頃。
メールが登場した頃。
ブログが登場した頃。
SNSが登場した頃。

やり方や業界のルール、流行なんて
この数十年でどんどん変わってますよね。

だから
「これをやればいいんですよ!」
なんていう正解は、ない。

しかも、
世の中の変化ってどんどん速くなってますよね。

昨日まで通用したことが
明日には通用しなくなるかもしれない。
そんな世の中です。
そんな世の中で
正解がもしあるとしたら
「あなたが生きている中で、あなたはどんな在り方をしたいのか」
「その在り方を具体化する行動はどんな行動か」
です。

それが僕の言う
「やりたくないことはやらなくていい」
です。

あなたが
「やりたくない」
と思うことは
あなたの心の違和感から生まれる本音です。
(実は本音にも段階があるのですが、それはまた今度)

それはつまり
「誰かにとっては正解でも、あなたにとっては正解ではない」
ということです。

 

 

どう生きたいのか、どう在りたいのか

ブログの書き方とか
facebookの書き方とか
そういうのも大事かもしれない。

だけどもっと大事なのは
「あなたが根本的にどう生きたくて、どう在りたいのか」
です。

そこの本音です。

どんなにビジネスで成功しても
そこがずれてたらずっと違和感と戦い続けることになります。
貧乏父さんでも金持ち母さんでも
お金のことばっかり考えて生きてる人生だったら
そんな人生になってしまいます。
僕は自分の継続セッションの中で
どんなにめんどくさがられようが、
どんなに嫌な顔をされようが、
「クライアントさんが求める短絡的な成果」
は相手にしないと決めています。

それってつまり
健康診断に行くか、飲み会に行くか、
みたいなことです。

どっちを選んでもいいんです。

どっちを選んでもいいけど、
自分で選んでいる、ってことが大事です。
でも自分で自分をコントロールできずに
「飲み会に行かなきゃ!」
ってなってる状態だったら
そういうのは相手にしない、ということです。
それよりも
「あなたが長期的な幸せや理想の在り方を考える時に、
今取るべき選択はどれですか?」
ということをテーマにしていく
ということです。
これってとっても根本的なところからやる必要があります。
変な話
「○ヶ月で○ケタの売り上げ!」
とか言ってる方が、売るのは簡単なんです。

それに、そういうやり方を否定もしません。
ビジネスとしては正解なのかもしれないから。
だけど、
そういうわかりやすくて短絡的なものが
人生の正解を表現しているとは
僕は思わない、ということです。

即効性を求めれば
長期にわたって成果を出す能力は損なわれます。

そういうのも全部含めて
「やりたくないことはやらなくていい」
ということです。

 

貢献なんか考えなくていい

ビジネスは他者貢献である
と言っている僕が
「貢献なんか考えなくていい」
なんて言うと

「中野さんどうしたの?酔っ払ってるの?」
なんて思われるかもしれません(笑)
だけど
これも僕の本音です。
もちろんビジネスは貢献だし
人間の人間たる根本的な部分は
貢献で成り立っています。

だけど
貢献って
人への貢献の前に
自分への貢献があります。
自分のことを大事にできていない人が
人を大事にできるわけがない
ってよく言いますが

自分に貢献できていない人が
人への貢献なんて考えられるわけがない
と僕は思います。
そう言う状態で誰かへの貢献をどんなに考えても
それは
「誰の役にも立っていないかもしれない」
っていう自分自身の不安の解消のための
とってつけたような理念になっちゃう。

そんなことがよくあります。
あなたがもしコーチングを学んでいる人だったら
ぜひこれは参考にしてください。
僕はコーチングをする時
その人のエネルギーがどこに向かっているのかを最初に確認します。

それは大きく分ければ二つです。

一つは自分を守るための不安
もう一つは誰かのための愛

です。
その人が何について話をしているのかをちゃんと聞いていれば
それは誰にでもわかります。
そして
その人が自分を守るための不安についての話をしているとき
その人に「あなたは今誰の役に立てますか?」
なんて他者貢献の話をどんなにしても

それは
あなたがものすごく死ぬほどお腹が空いた状態なのに
「今日彼に何を食べさせたい?」
なんて聞かれてるようなものなんです。

(あ、このたとえ、秀逸、笑)
まず自分が自分を大切にする
自分が自分に貢献している
それが大切です。
あ、
だからって
「やっぱりまずは自分がお金を稼ぐことだ」
っていうのは違いますからね。

これはよくある
「錯覚を起こして売るためのビジネスメッセージ」
です。

(それがどういうことなのかはまた説明しますね)

 

 

人への貢献の前に自分への貢献

人への貢献をどんなに考えても
なんとなく違和感や心のしこりみたいなものが生まれたり
「自分は今とってつけたようなことを言っているな」
と感じてしまう時は
自分への貢献がまだまだ足りてないよ、というサインです。
あなたが自分の中を
愛で溢れさせることができたとき
自然とその愛は誰かのために使われるようになります。

そしてその愛は
その愛情を受け取った人、つまりお客さんの中にもたまっていきます。

そしてそのお客さんの中から愛が溢れた時
その愛はまた誰かのために使われていきます。
だからまずは
「あなたがあなたの幸せに貢献していること」
がとても大切です。

というより最重要だし、それが土台です。
「貢献しなきゃ!」
なんて考えている時っていうのは
まだまだ「貢献したい」という気持ちではない時です。
じゃあ「貢献したいって思わなきゃ」
なんて思っちゃったらちょっと重症(笑)

もっともっと自分のことを大切にしていきましょう。
貢献しなきゃ、なんて考える必要はありません。

誰かに貢献したい人は、
もう誰かに貢献しているんです。

Top