【コーチング】起業の成功のためにつくるリスト

今日は何の話かというと、
あなたがもっともっと幸せを実感しながら
起業を成功させるためのお話です。

 

これを読んでいただくと、
あなたは安心して「やりたいことに集中しよう」
と思えるようになります。

 

わたしの○○ってなんだろう?

 

 

やめてみませんか?

 

きっとあなたのやりたいことは、

集客のためにあくせくすることじゃないですよね?

 

お客さんに喜んでもらうために
セッションをしたりセミナーをしたり
グループ講座なんかをやってみたり、
そういうことをしたいんですよね?

 

きっとそうだと思うので、
もっともっとそういうことに
楽しく集中できるようになるためのお話です。

 

結論から言うと、

いま
「やりたくないと思いながらやっていること」
「やらなきゃいけないと思ってやっていること」
「これをやることを考えると重いな、と思っていること」

これらを、
一旦やめてみませんか?
ということです。

 

それらを辞めても
あなたの前にあなたを必要とするお客さんが
行列になって訪れる状態をイメージしてみてください。

とてもワクワクしませんか?

 

なんでこのようなお話をしようと思ったのかと言うと、
日々クライアントさんとやりとりをしていて
気づいたことがあったからです。

 

僕は個別対応でセッションをしていますので、
クライアントさんごとに進み具合が
かなりバラバラです。

 

結果を出すのが早い人もいれば、
のんびりタイプの方もいます。
僕的にはどっちでもOK。

 

ただ中には、
「早く結果を出したい」
と言っているのに、
なかなか思うように結果が出てない方がいるのも事実です。

 

逆に
「思ったより早く結果がでちゃってびっくりです」
なんていう方もいます。

 

まだ仕組みづくりとか全然完成していないのに、
どんどんお客さんが来る状態になっちゃってたりとか。
僕から見ても不思議なくらい
スムーズに進む方も何人もいます。

 

何が違うのかなーって、考えてたんです。

 

それで、今朝その共通点がわかりました。

 

 

結果を出す人の共通点

 

結果を出すのが早い人は
「幸せそう」
なんですよね。

 

実際に幸せかどうかは知らないですよ?

 

だって本人に、
「今幸せですか?」
なんて聞いてないですから(笑)

 

でも、
僕から見て「幸せそう」
なんですよね。

 

結果が出たから「幸せ」なんじゃなくて、
初めからずっと「幸せそうに見えてた」んですよね。

 

もちろん
いろんなワークの中で、
苦悶の表情を浮かべることだってあります。

 

僕のセッションやワークは、
本人の気づいていないところにかなり深く入っていきますので。

 

でも、そんな苦悶の表情を浮かべるワークでも、
結局は「幸せそう」に受けているのがわかるんですよね。

 

メールのやり取りなんかしていてもそう。

 

あれが理由でできないんですとか、
過去こういうことがあって、嫌だったんですとか、
そういうことをグチグチと言わない。

 

あ、
そういう過去の嫌なだったことを言っちゃいけないって
言ってるんじゃないんですよ?

 

そうじゃなくて、
「グチグチと言わない」ってことです。

 

過去の嫌だったことをグチグチと言うってことは、
結局はその人は過去を生きていることになります。

 

うまくいかなかった過去のことをグチグチと言うことで、
うまくいかなかった過去に執着して、
その過去の中で生きている、ということですね。

 

そういう人からいただくメールというのは、
やはり「幸せ」はあまり感じられません。

 

 

重要な3つのポイント

 

重要なポイントは3つあります。

 

まずひとつ目は、

「ビジネスはあなたの人生を良くするために行う」
ということです。

 

せっかく、あなたの生き方で、
あなたらしいビジネスをしようとしているわけです。

 

だからこそ、
あなたの人生が向上するような
そんな方向性にビジネスを持っていくことができたら、
とてもいいと思いませんか?

 

それなのに、
あれはやりたくないんです、これはやりたくないんです、
でもやらなきゃいけないんです、って、
やりたくないこと、やらなきゃいけないことのことを考えてたら、
幸せなんか感じられませんよね?

 

あなたが幸せを感じることができなかったら、
人生は向上しません。

 

人生が向上したら
幸せを感じられるんじゃないんです。

 

幸せを感じられると
人生が向上するんです。

 

結婚する前は
「この人がわたしを幸せにしてくれる」って思ってたのに、
実際に結婚して何年も経ってみたら
「この人はわたしを全然幸せにしてくれない」
とか言ってるのと一緒(笑)

 

いい旦那がいるんじゃなくて、
その旦那さんとの生活にどれだけの幸せを見つけられるかで
その結婚生活がどれだけ良いものかが決まるんですよね。

 

幸せはなるものではなく、発見するもの、
とはよく言ったものです。

 

幸せになれるまで人生が向上しないって言ってるのは、
口開けて食べさせてくれるのを待ってる赤ちゃんと一緒。

 

赤ちゃんは可愛いからいいけど(笑)

 

ポイント二つ目は

 

「人生は自分+他人」でできている、ということ。

 

人の悩みのほぼ10割は人間関係である
とアドラーは言っていますが、
逆もそうなんですよね。

 

つまり
人の喜びのほぼ10割は
他人との人間関係の中にあるんです。

 

だから、
あなたが幸せにビジネスを成功させることって、
本当にあなたの人生を向上させることになるんですよね。

 

なぜなら、
ビジネスを成功させるということは、
他人を喜ばせる、ということだからです。

 

そしてその中であなたが幸せを感じていれば、
あなたも幸せだし、他人も喜んでくれているし
ということで、登場人物みんな幸せになっちゃいます。

 

それって、最高だと思いませんか?

 

「志ネットワーク代表」の上甲晃さんは
「志とは、みんなが幸せになれるようにするには
どうしたらよいかを求め続ける心」
と言っています。

 

あなた自身が幸せを見つけ、幸せを感じながら、
みんなが幸せになれるようなビジネスができるとしたら、
とってもワクワクしませんか?

 

そしてポイント三つ目

 

「あなたの不幸を喜ぶ人はいない」
ということです。

 

僕がいろんなことを言っても、

 

「いや、でもやっぱり集客のためにやらなきゃいけないことがあります」
「いや、やっぱりやりたくなくてもやらなきゃいけないことがあります」

 

って、思うかもしれません。

 

でも、ですね。

 

それをやっていて、幸せを感じられますか?
っていうことなんです。

 

facebookなんか見てると良くわかるのですが、
せっかくおしゃれして自撮りしてるのに、
顔が全然笑ってない、幸せそうじゃない。

 

笑顔で自撮りしてるつもりでも、
目が笑ってない。

 

グループコンサルかなんかの記念写真なのに、
なぜか一部の人は全然幸せそうじゃない。

 

そんなことって良くあります。

 

きっと
「あーーー、やりたくないなー」
って思いながらやってるんですよね。

 

そして、
お客さんじゃない僕が見たって、
そんなのは魅力的に見えないし、
幸せそうに見えないんです。

 

自撮りじゃなくてもそう。

 

言葉って魂が乗ってますからね。

 

不満を抱きながら書いた文章には
どんなに良いことを言っていても、
不満が乗っかってます。

 

もし、あなたが「嫌だなー」って思いながら
起業のためにやっていることがあるとして。

 

結局それで喜ぶ人なんかいない、ってことです。

 

喜ばないってことは、
お客さんとしては来づらい、
ってことなんですよね。

 

だから
「やらなきゃ」って言っているうちは、
お客さんは来づらいんです。

 

つまり今日は何が言いたかったのかというと、

 

「やりたくないことはやらない」という選択を
あなた自身がすることが大事!

 

ということです。

 

どうしてもやらなきゃいけない時の対処法

 

それでもどうしてもやらざるを得ないのならば、
その中に幸せを見つけてからやる
ということです。

 

たとえばブログを書くのが嫌い。
でも、ブログを書く以外に集客の方法が思いつかない、
としましょう。

 

それならば、
「わたしは文章力を向上させるためにブログを書いてるんだ」
とか
「わたしは自分の人生を整理させるためにブログを書いてるんだ」
なんていうふうに、良い面も考えてみましょう。

 

そうすると
「これも一つの幸せなんだな」
って思いながら、書けるようになるかもしれません。

 

何かをやるならば、
それをやること自体に幸せを感じられることが大切です。

 

やりたくないことをやらなきゃいけないわけじゃないんです。

 

やりたくないことでも我慢してやってれば、
幸せになれるってわけじゃないんです。

 

今幸せにやっている人が
人生をどんどん向上させる人なんです。

 

だから、
安心して、あなたのやりたいことに集中しましょう。

 

もしやりたくないことをやらざるを得ないなら、
その中にある幸せを見つけてからやりましょう。

 

どうしても幸せが見つからないなら、
それはあなたの幸せに繋がらないから
やめちゃいましょう。

 

そうやって、
あなた自身が幸せを日々感じながら活動していると、
周りからは自然と「幸せそうに見える」ようになります。

 

そうなると、人をどんどん呼び寄せるから、
当然結果だって早くなります。

 

 

 

やりたくないことリストをつくろう

 

幸せそうな人からは、
魅力も信頼感も伝わります。

 

そんな状態になるために
まず簡単にできることがあるとしたら、
それは
「やりたくないことリスト」を書くことです。

 

このリストを作りましょう!

 

今やってることでもそうじゃなくても
「これってやりたくないなー」
とか
「これ、やらなきゃいけないと思ってやってるなー」
って思うものを、どんどんリストアップしてみてください。

 

そうすると、
「あー、わたしはこういうことをやりたくなかったんだな」
というのが明確になってきます。

 

やりたくないことが明確になってくることで、
「わたしってこういう人間になりたかったんだな」
っていうのが見えてきたりすることもあります。

 

ぜひ、あなたが
「幸せに起業を成功させるための第一歩」
として、取り組んでみてください。

 

ちなみに、
僕はやりたくないことリストを書いて、

 

「父親の文句を言うこと」

 

をやめました(笑)

Top