メール講座

ブログ

【コーチング】なぜか思うように動けない時

2018年04月11日

僕はコーチなので、

毎日のようにコーチングセッションをさせていただいています。

 

もちろんクライアントさんあってのことなのですが、

僕もとても楽しくセッションをさせていただいています。

 

コーチングセッションって、やればやるほど視点の数が増えるから

面白いですね。

 

 

いつでも理想に向かってアクティブに行動できたらいいですよね

 

 

行動が止まる科学

 

コーチングセッションというのは、

クライアントさんの目標達成のために行われます。

 

ですが、クライアントさんはいつもいつも、

理想に向かってスムーズに行動ができるわけではありません。

 

むしろ、スムーズに行動ができないからこそ、

コーチングセッションにお申し込みをされる、とも言えます。

 

すべきことはわかっている、だけど行動することができない。

人間なので、そういうことだってあるわけです。

 

そんな状態、あなたも経験したことがあるのではないでしょうか?

 

そんなとき、

思うように行動できるようになれたら、嬉しいですよね。

 

だから、今日はそんなお話をしてみたいな、と思います。

 

 

整合性が取れているかを一度考えてみる

 

思うように行動ができるようになるための一つのアプローチとして、

「整合性が取れているかを考える」

という方法があります。

 

「こうしなければいけない」という思い込みによって、

思考と行動の整合性が、上手く取れていない場合があるからです。

 

 

そんなとき、まず一番最初に考えてみることは、

「誰の目を気にしているのか?」

ということです。

 

人が思うように行動することができない背景には、

「あの人にこう思われるかもしれない」

「こっちの人にはこんなふうに思われてしまうかもしれない」

という、無意識の思い込みがある場合があります。

 

なので、まずは誰の目を気にしているのかを考えてみましょう。

 

そして次に、

「目標達成のために、本当にその人の目を気にする必要はある?」

という質問を自分に投げかけてみましょう。

 

大抵の場合、

その人の目はあまり関係なかったりするものです。

 

また、関係があったとしても、

気にして行動できずにいること自体には

ほとんどメリットがないでしょう?

 

 

ですが、

そんなこと言ったって、やっぱり気になる、

という場合も多いと思います。

 

そんな時は次の質問です。

 

「その人に、どう思われなきゃいけないと思ってる?」

 

ここで、

自分はこういうふうな人間だと思われなきゃいけない、

という思い込みに気づくことができる場合があります。

 

ですが、それはあくまでも思い込みです。

 

しかも、目標達成に向かうためには、

邪魔になる思い込みの場合も多々あります。

 

「理想の自分になるために、その『こう思われなきゃ』は整合性がとれてる?」

 

こんな質問も投げかけてみましょう。

 

多くの場合、

理想のためというよりは、

何かを失いそうな不安のある自分を守るために、

「こう思われなきゃいけないんだ」という思い込みを作っているだけだったりします。

 

だけ、と言っても根深いんですけどね。

 

 

まとめ

 

これが、整合性を取る、ということです。

 

誰の目を気にしているのか?

気にする必要があるのか?

どう思われなきゃいけないと思っているのか?

それは理想的なのか?

 

理想に向かって思うように動けないな、という時は、

ぜひそんなことを自分に問いかけてみてください。

 

すーっと軽く行動できるようになっていきますよ。

「脱・集客」無料メール講座

脱集客 無料メール講座
Top