【コーチング】なにがあっても生きていける、でも、死ぬまでしか生きられない

あなたは、何があっても生きていくことができます。

 

なぜなら、死ぬまで不死身だからです。

 

「バカなのか?」と思いますか?

 

でも、失敗することを、まるで死ぬことのように恐れる人が少なくありません。

 

失敗したら、もうだめになる。

失敗したら、人生終了。

 

でも、果たして本当にそうなのでしょうか?

 

失敗したら、死ぬのでしょうか?

 

死なないですよね。

 

人間、何があっても生きていけるし、何があっても生きるしかないのです。

本当に命が尽きた時が、本当の終わりなので、それまではどうしたって生きるしかないのです。

だから、何があっても生きていけます。

 

 

だけど、

 

 

人間は、死ぬまでしか生きられません。

 

それにもかかわらず、自分は死なないと思って生きている人がたくさんいるように思います。

 

「またバカなことを」と思いますか?

 

多くの人が死ぬときにつぶやく言葉、第1位が「もっと冒険すればよかった、やりたいことをやればよかった」なのです。

 

さて、それはなぜでしょうか?

時間はまだまだあると思って、「やりたいこと」を、「理想の自分になるためにやりたかったこと」を、後回しにし続けて、心の声を無視し続けて、結局できないまま終わってしまったからではないでしょうか?

 

一度きりの人生なのに、なぜやりたいことをしなかったのでしょうか?

一度きりの人生の最後に、なぜ後悔をして逝ってしまうのでしょうか?

 

人間は、何があっても生きていけます。

でも、死ぬまでしか生きられません。

Tagged on:
Top