【コーチング】仕事がどのくらい大事か

仕事ってそんなに大事なのかなーって、最近よく考えます。

 

そもそも仕事ってなんでしょうか?

仕事という言葉を自分自身はどう定義しているか、

そしてその定義と今自分自身が仕事としてしていることが、

本当にあっているか。

 

もしこれが合っていなかったら、

「仕事が大事」と言いながら、本当はもっと別のものを大事にしているのかもしれませんね。

 

仕事ってなんですか?ときくと

「お金をもらうために、やりたくないけど仕方なくやっていること」

と答える方がいるのですが、きっと辛いだろうなー、なんて勝手に思ってしまいます。

就職して仕事をしている人の大部分が、

1日のかなりの時間を仕事をして過ごすと思います。

それが、お金をもらうために仕方なくやっていることだったとしたら、

僕だったら辛くてたまりません。

 

「お給料は我慢料」なんて言葉も聞いたことがありますが、それも僕には辛いですね。

 

それって、お金が大事なんでしょうか?それとも仕事が大事なんでしょうか?

それともお金=仕事なんでしょうか?

 

お金はほしいですが、本当はお金が欲しいのではなくて、必要なものがあるからお金が欲しいのであって、

僕が欲しいのはお金ではなく、欲しいものや実現したいことです。

多くの方も「安定」とかが欲しいのであって、お金が欲しいわけではないと思うんです。

それで、その「安定」を求めて、精神的に「不安定」になるような仕事をしている、

それって求める「安定」にたどり着けるのでしょうか?

 

つまり、神龍の時にも書いたのですが、

もうちょっと「欲しいもの」に正直になってもいいと思うのです。

心から、「仕事が大事」と思うのなら、もっともっとその仕事を大事にしたらいいと思うし、

実はそうではなくて、他に大事にしたいものがある、というのなら、それをもっと大事にしたらいいと思うのです。

 

「仕事だから大事」というのは、ちょっと短絡的なのかなー、と思います。

 

最近、働き方に関する広告をよく見ます。

その中でも非常に対照的なのが、

「新しい働き方、独立して、好きな場所で好きな仕事を好きなだけ。そして満足できる収入を」

みたいな広告と

「あなた、もう普通の会社員に戻って」

みたいな広告です(笑)

 

どちらも、ただ人の不安を煽っているだけなんですよね。きっと。

心からそうありたいと思う自分を目指し続けるのが、一番いいんじゃなかなー、と思います。

それがわからない状態であれば、とりあえずやってみたいことをやってみる、というのもいいかなーと思います。

Tagged on:
Top