【コーチング】やってる場合じゃない

母方のおじいちゃんが生きていた頃、

よく将棋を打ってもらいました。

小学生の頃の話ですが。

 

結局、一度も勝てたことはありませんでした。

 

おじいちゃんは、よく僕にこう言いました。

「やってる場合じゃない」

 

僕は、将棋の駒を自分なりにカッコよく動かすのが好きで、

特に桂馬の動きがすごく好きでした。

 

あと、飛車とか角とかはとにかく成らせたかった。

成った飛車と角はものすごく強い感じがするから。

 

あと、かっこいい構え(?)囲い(?)を作るのがすごく好きだった。

お城みたいな形にして。

 

でも、一度も勝てなかった。

 

僕はおじいちゃんに勝ちたかった。

勝ちたくて、そして、かっこいい将棋がしたかった。

 

おじいちゃんは、そんな僕の性格をわかっていたから、僕にこう言った。

「やってる場合じゃない」

そして、詰められて終わり。

 

自分が成し遂げたい目標があるときに、

その場の一時的な誘惑とか、かっこよさとか、よこしまな感情とか、

そういったものに流されて、つい「技」みたいのを決めたくなったりとか、

そういうことってあるんですよね。いまだに。

 

そんな時、おじいちゃんの言葉を思い出します。

「やってる場合じゃない」

Tagged on:
Top