【コーチング】部下のやる気を徹底的に削ぐ方法

コーチという仕事をしていると、実にいろんなご相談を受けます。

このところ、立て続けに数社の経営者の方からご相談を受けたのは、

「社員がやる気を出してくれない」

という内容のものです。

 

自分が若い頃はもっと率先して動いて、

結果を出したいという強い気持ちがあって仕事をしてきたから、

今この地位にいることができる。

彼らにも、もっとそういう気持ちを持って、自発的に動いて欲しい。

もっと会社を良くするアイディアを自分で出して欲しい。

といったような相談です。

 

あなたは、どんな時にやる気がでて、どんな時にやる気を失うでしょうか?

 

人が確実にやる気を出す一つのポイントは、

「信頼されていると感じること」です。

信頼する上司から、「頼りにしているよ」と一声かけられ、

過干渉になることなく、でも無視することもなく見守ってくれている状態、

こんな状態ってすごく仕事もしやすいし、やる気も出やすいと思いませんか?

 

誰だって、あーだこーだ言われるとやる気を失ってきてしまうのですが、

それはなぜかというと「信じてもらえてない」と思うからです。

 

 

もし、部下のやる気を徹底的に削ぎたかったら、

とにかく信じない。

四六時中逐一全部確認する。

常に監視する。

全てに口出しする。

これを徹底すれば、部下はどんどんやる気をなくしてくれます。

 

こう大げさにいうと笑い話みたいですが、

実際僕のところに相談に来る経営者の方は、これに近いことをされている方がほとんどです。

なので、この話を苦笑いしながら聞いてくださいます(笑)

 

じゃあ、どうしたら部下がやる気を出すのかというと、

徹底的に「信頼する」こと。

それは放置や無視ではなくて、見守り信頼するということです。

 

しかし、実は「部下がやる気をだしてくれない」という経営者の方のほとんどが、

それ以前のところに問題を抱えています。

 

それは、「部下をどんな色眼鏡で見ているか」です。

これについてはまたの機会にお話ししようと思います。

 

まずは信頼。これが一番大切です。

Tagged on:
Top