【コーチング】最悪ではないんだけどさ。。。

人間誰しも、自分の達成したい目標や、自分が心から望む人生を実現するために、

常に、自らの「最良」のあり方を選び続けていたいですよね。

 

ところが、なかなかそんなふうにもいかず、

何が「最良」なのかわからずに、

「どうしたらいいんだろう」と、迷走することって、

ありますよね。

 

しかし、こんなこともあります。

何が「最良」なのかわかってる。

でも、それじゃないのを、なんとなくしたい。

なんか、今はそっちの方が魅力的に見える。

だから、「最良」の行動に打ち込めない。

 

「最良」がわかってるのに、

「最良」の行動が取れないのはなぜでしょう?

 

「資料作り」をしたほうがいいのに、酒を飲んでしまう。

「勉強」をしたほうがいいのに、ゲームをしてしまう。

「営業」をしたほうがいいのに、ダラダラしてしまう。

 

なぜこういうことが起きるのでしょうか?

 

実は、

「最良」の敵は「最悪」でもなければ「悪」でもなくて、

実は、

「最良」の敵は「良」なのです。

 

自分が人生において「最良」につながると思う行動を取っていくためには、

長期的な視点が求められます。

ところが、それに邪魔をしてくる「良」は、

短期的に見てとても魅力的なのです。

 

そして、後から振り返って、「なんであんなことに時間使ってたんだろう?」

となるのが、「良」の特徴です。

 

だから、自分は人生においてどう在り続けたいのか、

という「夢」や、

その「夢」を満たす具体化された行動である「やりたいこと」を持つことって、

とても大事なことなんですね。

Tagged on:
Top