【コーチング】何がありで何がなしか

なんかの本で読んだんです。

なんの本か忘れてしまって申し訳ないのですが、

ふいに思い出して、面白い話だなーと思って。

 

ある家庭があります。

その家庭には、幼稚園に行く前くらいの小さな子供と、お父さんとお母さんがいます。

 

ある日、お母さんがキッチンに向かっていて、

リビングにはお父さんと子供がいます。

お父さんと子供はテレビを見ていました。

 

すると、お父さんが浮きました。

浮くというのは、つまり文字通り浮きました。

床から1.8メートルくらいのところに浮き上がって、

横になって寝そべっています。

もう、床より天井に高いところに横になってテレビを見下ろしています。

 

子供は、大はしゃぎ!

「パパすごい!パパすごい!パパって飛べるんだね!!!すごいや!!!」

お父さんは、

「え?うん。飛べるよ。」

と当たり前のような感じで。

 

そこで、子供はママを呼びに行きます。

「ママー!パパが飛んでるよー!」

 

お母さんは、まったくこの子は何を言っているのかしらねー、

という感じでリビングに戻ってきました。

そして、本当に浮いているお父さんを見て、

「きゃーーーーーー!!!!」

悲鳴とともに卒倒。

 

というお話です。

 

さて、子供とお母さんが見たものは同じものだったんです。

だけど、反応が違いました。

 

これは子供とお母さんとそれぞれにとって、何がありで何がなしだったか、ということです。

子供にとっては、お父さんが飛ぶのはすごいけど、まあ、あり。

お母さんにとっては、人が浮くなんて絶対なし。

 

人はそうやって可能性に蓋をしていきます。

当たり前じゃんって思うかもしれませんが、

昔の人にとっては携帯もパソコンも飛行機も車も、

みんななしでした。

でも今はありです。

そして、それを作ってきたのは、僕たちと同じ、人間です。

 

もう一度、今「なし」だと思っているものは本当になしなのか、

見直してみても良いかもしれませんね。

Tagged on:
Top