【コーチング】自己啓発をこじらせるな!

今年はやらせようと思っている言葉の一つが、

「自己啓発をこじらせた」

という言葉です。

 

自己啓発をこじらせるというのはどういう状態かというと、

「自己啓発をしにいったつもりが、他己啓蒙の状態になっていること」

です。

そして、そういうことをしかける人を僕は「自己啓発系」と呼んでいます。

「自己啓発」とは分けて考えています。

 

自己啓発って、

「自責において、外部的な刺激によって、自分の中から気づきや方向性を得て、自分で自分を成長させ、自分で自分の目標を設定し、自分で自分の目標を達成させていくこと」

だと僕は思っています。

 

ところが、多くの自己啓発系の人たちは何をしているかというと、

「自責」において、と言っておきながら、理解と把握をすっ飛ばして、

「とにかくやれ、とにかく行動」と焚き付けて、表面上のアクションを起こさせようとします。

「やればわかるから」と。

 

理解と行動の間には溝があります。

だから「わかっちゃいるけどできない」

があるんです。

 

だから、

知って、理解して、把握して、というステップが必要です。

 

何か新しい仕事やスキルを得ようという時には、

「まずとにかくやってみる」スタンスは大事な場合も多々有ります。

なぜなら、体で覚える必要がある場合が多いからです。

 

ところが、自己啓発系の人はもっと大きなテーマ、答えがないような、答えが人によって違うようなテーマを扱っています。

それに対して理解や把握はどこから生まれるのかというと、自分の中から生まれます。

つまり、自分を知る中で自分なりの根拠を見出すわけです。自分の中から発見する、と言ってもいいと思います。

 

自己啓発系は何が問題なのかというと、そこを無視したりすっ飛ばしたりすることです。

強いメッセージ性で理論を並べ立てて、

その裏にある言葉は「いいからやれ(もちろん自責で)」です。

 

すると何が生まれるかというと盲信が生まれます。

「全部はわからなかったけど、あの人が言ってるから」

「あれだけパワーのある人が言ってるから」

「だからとりあえずやってみよう。お金を払ってみよう」

という盲信です。

これが僕の言う他己啓蒙です。

 

この瞬間に「他責」に変わってるんですね。

自己啓発系が宗教っぽいと言われるのも多分この辺が原因です。

ところが、他責の状態だとどうなるかというと、結果がでません。

なぜかというと、

他責というのは、自分以外に責任を求めている状態で、

つまり周りが変わらなければ現実は変わらない、という思考だからです。

しかし。周りが自分の望み通りに変わることなんてあり得ません。

「自分はいくらでも変えられるけど、他人は変えられない」のです。

だから教祖様を盲信している信者(他責)の状態では、結果はでません。

 

自己啓発をこじらせた人は、結果が出ない時どう考えるかというと、

「結果がでないのは自分のせいだ」

と考えるのです。

かわいそうですね。

理解と把握がない他己啓蒙を強いられているのに、

「結果は自責」と念を押されてしまっているのです。

 

だから、そういう自己啓発をこじらせた人はどうするのかというと、

「他のセミナーを探す」のです。

 

セミナー難民みたいな人っていますよね。

きっとどこかで答えに出会える、と思っている人。

本当にかわいそうだと思います。

なぜ、かわいそうだと思うのか。

一番の問題点は、

「そのビジネスを仕掛けている人たちが、そうなることをわかっていること」

です。

 

盲信+自責の押し付けをすると、自己啓発系難民が生まれることがわかっているんです。

そうやって、自己啓発系ビジネスやセミナービジネスというのはできているんです。

「絶対に儲かる」みたいな情報商材を何度も買っちゃう人たちと同じですよね。

 

だから、僕は「自己啓発をこじらせるな」をテーマに、

まず「自己啓発をこじらせた」という言葉をはやらせようと思います。

 

本当の自己啓発は好きです。

自責において、確かなロジックで、理解と把握があって、自分で自分を成長させられるもの。

僕は、本当のコーチングの姿がそこにあると考えています。

Tagged on:
Top