【コーチング】会社員は安定している

僕は、基本的に起業というのはあまりお勧めしません。

 

なぜかというと、

「起業したいから起業する」というのは、意味がわからないからです。

 

意味がわからないは言い過ぎかもしれませんが、

起業なんていうのは所詮手段です。

 

僕は

「2014年の10月に売上目標を達成して11月26日に会社を登記する」

を目標に2014年を駆け抜け、実際に売上目標を達成して期日どおり会社を登記しました。

ただ、これについては大事なところがあって、

それは「売上目標を達成しなかったら会社を登記しない」

と決めていたことです。

会社を登記できないと、税金面とか信用面とか色々困ることがあります。

だから、何としても売上目標を達成する。そういう気持ちでやってました。

つまり、起業が目的ではなかったのです。

(この場合、どの時点をもって起業とするか、というのも問題になりますが)

 

話を戻すと、起業というのは所詮手段です。

「起業したいから起業する」

それで、起業して一体なにをするのでしょうか?

そこを考えていない人って、案外多いようです。

 

「今やりたいことがあるから、起業する」

それはまあわかります。

でも、それって今働いている会社ではできないのでしょうか?

また、趣味じゃだめなんでしょうか?

 

「時間とお金の自由が欲しい」

実際起業した人に聞いてみたらいいと思います。

起業したからって自由が手に入ると思ったら大間違いです。

時間の自由どころか、仕事とプライベートをわけることすらできず、

24時間365日営業中、みたいな人も少なくありません。

お金の自由っていったって、そもそもそのビジネスが上手くいかなければ、

そんな風には絶対にならないのです。

 

僕は、起業を勧めません。

会社員でいる方が、確かに安全です。

 

それでも、起業しなければ、どうしてもできないことを、

起業して成し遂げたい、という方、

ぜひ、応援させてください。

Tagged on:
Top