【コーチング】未来がなかったことになる

僕は、コーチングをする中で、とても大事に思っていることがあります。

 

それは、

「クライアントさんが思い描いた未来は、達成されなければ『もともとなかったこと』になってしまう。

だから、必ずその未来を達成させる」

ということです。

 

イメージの力は偉大です。

人間と動物は、同じところもあり違うところもありますが、

違うところの一つが「イメージできること」です。

たぶん。

 

たぶんというのは、動物がイメージの力を持っているかどうかは、

動物になってみないとわからないから、なのですが。

 

おそらく、人間だけが人間の言うところのイメージの能力を持っている、

と僕は考えています。

 

それが正しいかどうかとか、そういうことは僕にとってはどうでもいいので、

「中野さん、それは違うよ」

という人がいるのも全然OKです。

それこそ、イメージの力の存在を認めることになるからです。

 

存在するかどうかわからないものについて考えるとき、

イメージする、空想する、推論することでした、

考えようがないときがあります。

存在するかどうかわからないものについて考えるのに、

他にどんな方法があるのでしょうか。

 

そして、そのやり方こそが、

人間の持つ文化を文化たらしめてきたと、僕は考えています。

 

そして、その文化の歴史こそが人間の進化の歴史であって、

つまり人はイメージの力でもって、ここまで文化を進化させてきました。

 

クライアントさんが何かをイメージし、

そうなりたいと目標にかかげる。

それがこころから達成したいと思うものならば、

それを達成させるのが僕の仕事です。

 

なぜなら、それが達成しなかったら、

その未来はなかったことになってしまうから。

Tagged on:
Top