【コーチング】ちゃうちゃうちゃうんちゃう?

よく使われる言葉で、

「◯◯しちゃうんですよねー」

とか

「◯◯って言われちゃうんですよねー」

とか

「◯◯になっちゃうんですよねー」

とかって言葉、ありますよね。

 

僕も言ったことあるし、

誰しも言ったことのある言葉だと思います。

 

この言葉が使われている時って、どういう心境でしょう?

「しちゃう」とか「なっちゃう」とかって言葉って、

「してしまう」とか「なってしまう」という言葉を崩した感じの言葉ですが、

この言葉って、

「なんとなく責任の所在は自分にはありません」

って言っているように感じませんか?

 

もっと言うと、

「◯◯しちゃう」「◯◯って言われちゃう」「◯◯になっちゃう」

に続く言葉って、

「だから、しょうがない」

になりませんか?

 

「だからしょうがない」って言っていなくても、

きっと「ちゃう」って言葉を使う時って、そういう気持ちが多い時だと思うんです。

 

そして、言葉って面白くて、

自分が意識してそういう風に思っていなくても、

つまり、「◯◯しちゃう」って言葉を「使っちゃう」だけでも、

だんだん、思考までそっちの方に寄って行ってしまうんですよね。

 

それはなんでかって言ったら、結局思考って脳の中で「言葉」で行っているからなんですよね。

自分が日頃使い続けている言葉の影響を、思考はどんどん受けるんです。

 

だから、

「自分に責任はないです」というメッセージを放ち続ける「ちゃう」に気付いたら、

魔法の言葉、

「ちゃうちゃうちゃうんちゃう?」

って唱えて、「ちゃう」を使わないようにする。

 

そして、他の言葉に置き換えてみてください。

言葉を置き換えるだけで、まるで気分が変わってしまう方がたくさんいるので、

面白いですよ。

Tagged on:
Top