【コーチング】責任の所在は自分にはありません

昨日、ちゃうちゃうちゃうんちゃう?という記事を書いたときに、

「責任の所在」

という言葉を使いました。

 

これについて、もう一度きちんと説明をしたほうがいいと思って、

今この記事を書いています。

 

「◯◯しちゃう」

という言葉には

「だからしょうがない」

という言葉が付いてくる。

だから、

「それは自分の責任ではない」(と言いたい)

のが

「◯◯しちゃう」

という言葉の正体だと僕は思っています。

 

それでは、その場合の責任って一体なんなのかというと、

僕は責任というのは

「コントロールできる範囲」のことだと思っています。

 

例えば課長は部長より責任が大きいです。

なぜなら、責任の範囲が広いからです。

そして、それだけの決裁権限を持っています。

つまり、コントロールできる範囲が広いことを意味します。

 

責任は英語でresponsibilityと言います。

これはresponseとabilityでできている言葉だと言われています。

responseは反応、abilityは能力です。

つまり、責任というのは、

「反応を選択できる能力」のことを指します。

 

「◯◯しちゃう」

「だからしょうがない」

の後には、

「だからこうなっちゃった」

というような意味合いの言葉が続きます。

 

「だからこうなっちゃった」

というのは、

「勝手にこうなっちゃった」ということで、

つまり「自分には反応を選択できません、自分にはコントロールできません」

という意味です。

 

だから、

「◯◯しちゃう」

という表現は、

「責任の所在には自分にはない」

と感じさせてしまう力があるのです。

 

言葉の置き換えを積極的に使っていきましょう。

 

Tagged on:
Top