【コーチング】神様はその人に乗り越えられない壁は与えないって本当?

「神様はその人に乗り越えられない壁は与えない」

みたいな言葉をよく聞きますが、これって本当でしょうか?

 

その壁にぶち当たった末、その人が結果的に生きていれば、それは乗り越えたってことになるかもしれませんし、

もし死ぬまでその壁に直面した状態が続いていたのであれば、それは乗り越えたことにはならないようにも思いますし。

 

必ずしも、乗り越えられない壁は与えないわけではないようにも思います。

 

この場合、壁ってなんなのかって言ったら、

障害とか、問題とか、予想外や想定外の出来事だったりすると思うんですよね。

 

それで、なぜそれを壁と感じるのかって言ったら、

その先に行きたいと思う場所(結果とか)があるからですよね。

そこに行きたいのに、うまくいけない。だから壁と感じる。

 

逆に言ったら、そこに行こうと思っていない人にとっては、

壁でもなんでもなかったりするんですよね。

 

つまり、目標や理想として描く状況があるから、

それを阻むものを壁と感じるわけです。

 

それで、

「いいや、めんどくさいし」

と思っていれば、結局そこから前に進めなくなるわけで、

死ぬまでその状況だったら、結局その人にはその壁は乗り越えられなかったんだから、

結果的にその人には乗り越えることができなかった壁になります。

 

だからこそ、

「神様はその人に乗り越えられない壁は与えない」

という前向きな言葉が生まれたんですよね。

 

ところがこういう言葉って、都合のいいように解釈されます。

 

「神様はその人に乗り越えられない壁は与えない」

→「だから、そのうち乗り越えられるようになる」

→「だから、このままのありのままの自分でいい」

→一生乗り越えられない

→乗り越えられない壁の完成

なんて出来事が日常茶飯事のように起きています。

 

僕は

「神様はその人に乗り越えられない壁は与えない」という言葉より、

「今何ができたら、その壁を神様からのプレゼントに変えられるか」

という言葉の方が好きです。

これは、僕のメンターコーチの受け売りなんですけどね(笑)

でも、これを意識するようになってから、

どんな壁も、筋トレマシーンのように思えるようになりました。

 

自分が強くなるための筋トレマシーンだったら、

大歓迎です。

 

あんまり、きついのは嫌だけど(笑)

 

Tagged on:
Top