【コーチング】不安は漠然としたままだから不安になる

将来に対してなんとなく不安がある、という方がいます。

なぜ不安なのかを聞いても、なんとなく、漠然とした不安、という答えしかでません。

彼はいったいなぜ不安なのでしょうか?

 

あなたは、

不安と恐怖の違いはなんですか?

ときかれたら、なんと答えますか?

 

言葉の定義とは面白いもので、

人それぞれ同じ言葉にも違う定義を持っていたりします。

 

僕の場合、

不安は、「対象が定まらず、漠然とした嫌な感情があり、心が安定しない」

恐怖は、「対象が定まっていて、それに対して恐ろしいと思う」

と定義します。

大きな違いは、対象が定まっているかどうかです。

 

そして、対象が定まらないと対策が打てません。

 

未来に対して漠然とした不安を抱える場合、

「今のまま未来を迎えたら自分はどうなってしまうか」

をイメージしてみてください。

 

お金がなくて困っているのか、

健康を害しているのか、

周りに誰もいなくなってしまうのか、

その他もろもろ。

 

あなたは、そのイメージのどこに恐怖感を抱いているのでしょうか?

 

それがわかったら、

それがどうなったら、その恐怖を感じないのでしょうか?

 

それを想像していくと、だんだんと対策法が見えてきます。

対策法さえわかれば、不安は不安でなくなります。

対象が明確になっているので、あとはそれをやるかやらないかに絞られるからです。

 

不安は漠然としたままだから不安になります。

どんなイメージから不安を感じているのかを明確にし、

それを一旦恐怖に置き換え、

それがどうなったら恐怖で無くなるかを考え、

そうなるように行動する。

これだけなのです。

Tagged on:
Top