【コーチング】悔しかったことをいつまでも悔しがっていませんか?

先日、とても悔しいことがありました。

詳しくは書けませんが、

とても熱い気持ちをもってプランニングしていたビジネスが、

たった一言で吹き飛んでしまいました。

とても悔しかったです。

 

だけど、一晩寝たら、完全に悔しさが消えたわけではないけど、

だいぶ悔しくなくなりました。

 

これは、過去の自分への戒めとしても、いいます。

「悔しいことがあったとき、いつまでも悔しがっていなくてはいけないと思っていませんか?」

とても悔しいことがあった時、

その悔しい気持ちがいつまでも残っていなかったら、

そもそもそんなに悔しくなかったんじゃないか、そこまで思いいれがなかったんじゃないか、

と思ってしまいそうで、いつまでも悔しさを胸に秘めていなくてはいけない、

と、過去の僕は思っていました。

 

だけど、

悔しいかどうかと、その後の行動や結果は関係がないし、

その悔しさを自分の中で消化できたからといって、思い入れがなかったわけではないのです。

 

悔しいという気持ちをいつまでも自分に縛り付けておくことで、

感情によるブレが生まれて、

目的に向かって本来やるべきことが定まらなくなって、

行動が最適化できなくなっている人がたくさんいます。

 

くだらない復讐とかを試みる人がまずそれです。

 

そんなのって、心もエネルギーも時間ももったいない!

 

あー。自分への戒めも込めて、スッキリしました(笑)

Tagged on:
Top