【コーチング】塊を大きくしたり小さくしたり

僕たちコーチは、

「チャンクダウン」ということをよくします。

 

チャンクは固まり。

ダウンは下げる。

なので、チャンクダウンは塊を小さくする、と言う意味です。

 

例えば、

「営業ができないんです」

という悩みを抱えているクライアントさんがいるとします。

これをチャンクダウンする、ということは、

営業というのはどんなことを行うのか、もっと具体的にする、ということです。

 

メールする

電話する

電車にのる

歩く

インターホンを押す

話す

提案書を渡す

 

とか、こんなふうに「営業」とひとくくりにしている行動を細かく分解します。

そうすると、一つ一つはできるものばかりでできていることに気づきます。

これがチャンクダウンです。

 

ところが、

クライアントさんが自分で勝手にチャンクダウンして、

自分で勝手に「できない」ところにはまり込んでしまっている場合もあります。

 

例えば、

「アポをとるためにいまあるリストに電話をしなければいけないが、電話ができない」

というパターンです。

客観的に見た場合、

そもそも、

本当にアポを取らなければいけないのか

本当にそのリストじゃないといけないのか

本当に電話じゃないといけないのか

という疑問が出てきます。

 

その場合は

「そもそも得たい結果はなんですか?」

という質問をすることで、膠着した状況が動き出したりすることがあります。

これはチャンクアップです。

 

コーチはチャンクダウンとチャンクアップを自在に操ります。

Tagged on:
Top