【コーチング】Hな人に、あなたはHなんじゃないですか?と聞く

今日はちょっとえげつないタイトルにしてみました(笑)

と言っても、

別に下ネタの話じゃなくて、

OATHの法則、というものがあります。

 

マーケティング?の言葉なのですが、

自分の商品に対して、どこをターゲットにしていくか、という話です。

顧客の意識のレベルです。

 

例えばハゲに聞く薬があるとして、

それに対する悩みの深さがありますよね。

OはObliviousです。つまり無知。自分がハゲていると気づいていない。

AはApatheticです。無関心。ハゲているとわかっているけどなんとも思っていない。

TはThinkingです。考えている、悩んでいる。ハゲてるなー、どうしよう、という状態。

HはHurtingです。もはや、痛いくらい悩んでいる。もう絶対やだ!ハゲてるのやだ!なんとかしたい!

という状態です。

で、何か売るならTとかHの人をターゲットにしましょうねっていうのがセオリー。

OとかAとかをターゲットにすると、売る前に啓蒙が必要だから大変なんですね。

 

で、タイトルの話。

あるサービスを販売しようとしているんだけど、

だけど、このOATHの法則がどうしても理解できないクライアントさんがいたんです。

「Hの人に販売することを考えていきましょうね」(特にニッチビジネスだったので)

「でも、そのHがどういう人なのか、どんな風な感覚を持っている人なのかわからないんです」

こんなやり取りが続きました。

 

さんざんこんなやり取りが続いたあと、

「OATHのHに対して、どう捉えればいいのか。どんな視点を持てばいいのか。どんなアプローチをすればいいのか。わからなくて困っていませんか?」

「はい、その通りです!教えてください!」

「今のやつです」

「は?」

「今、あなたHです。困ってるんです。悩んでるんです。今すぐ解決したいんです」

「・・・。なるほど!」

 

つまり、

「あなたHなんじゃないんですか?」

ということです(笑)

Tagged on:
Top