生きる意味

なぜ生きているのか? ということを冷静に考えると、
生まれてきちゃったし、死ぬのは怖いから。
究極的にはそうなる。

あとのものはきっと、全部後付けなんだけど、
その後付けをまとめると「経験」したいのだと思う。
だから子どもは触りたがるしやりたがる。
本当は大人もそう。

つまり、生きるということは、
大きな意味での暇つぶしとも言える。

大人になると、社会という概念がでてきて、
そうなると、お金という概念を無視できなくなる。

気がつけば、
生きるためにお金を稼いだり、
お金を稼ぐために生きてたりする。

でも、
それだけだと退屈を感じる人も出てくる。

なぜならそれだけだと、
暇つぶしとしては有効手段と言えないから。

死ぬのは怖いから生きてるし、
社会的に生きなきゃいけないからお金も稼ぐ。

でも結局それだけじゃ、
「死んでないから生きてる」っていうのと同じで、
やっぱり暇つぶしとしては有効手段とは言えない。

だから、
正しく生きているはずなのに、

「なんか違うな」
「こんなもんなのかな」

という気持ちが芽生えてくる。

働く大人になったとしても、
やっぱり人はもっと「経験」をしたいのだと思う。

その「経験」のためにこそ、
きっと働き方を変える勇気、稼ぎ方を変える勇気を持つことは、
大事なのだと思う。

究極のところに話を戻すと、
生まれてきちゃったし、
死ぬのは怖いから生きてる。

そして、
働き方を変えたり、
稼ぎ方を変えたりして、
ちょっと収入がゼロになったくらいで人は死なない。

死ぬように生きて何も「経験」しないのと、
痛みを感じながらでも「経験」から生を実感しながら生きるのとでは、
「生まれてきてしまった」ということに対する、
自分で自分に送る「生きる意味」というプレゼントの重さが
全く変わるように思う。

もちろん、どちらを選ぶか、
何を選ぶかは人それぞれの自由。

だけど、
「自分で選べる」という事実がありながら、
現状に甘んじて、不満ばかりを垂れ流すような人間には、
僕はなりたくないな、と思うし、
これからも精一杯暇つぶしを楽しみたい。

だから、色々「経験」したい。

「脱・集客」無料メール講座

脱集客 無料メール講座
blog
yyをフォローする
コーチングの脱・集客、カウンセラーの脱・集客、セラピストの脱・集客、講師業の脱・集客の専門!ワイワイマーケティング
Top
タイトルとURLをコピーしました